Category Archives: sony 液晶パネル

液晶パネルメーカー6社、価格カルテルで罰金

中国国家発展改革委員会はこのほど韓国・台湾の液晶パネルメーカー計6社に対し、中国大陸部で販売される液晶パネルについて価格カルテルを結んだとして、総額3億5300万元(約50億円)の制裁金を科したと発表した。人民日報が伝えた。 6社はすでに中国国内のテレビメーカーに対して不当利得1億7200万元(約24億3000万円)を返還したほか、今後は中国の法律を遵守し、中国のテレビメーカーに公平な商品提供を行うことを承諾したという。6社はまた、中国のテレビメーカーが国内で販売するテレビの液晶パネルの保証期間を18カ月から36カ月に延長した。 韓国のサムスン電子、LG電子、台湾の奇美電子、友達光電(AUO)、中華映管、瀚宇彩晶などの液晶パネルメーカーが共同で液晶パネル価格を操作しているとの情報が2006年12月以降、発展改革委員会に寄せられていた。これを受け同委員会が調査を行ったところ、関連企業から自発的に液晶パネルの価格操作に関する報告があった。確認の結果、これら6社のメーカーは2001年から2006年にかけ、台湾や韓国で53回にわたり、ほぼ毎月のように会合を開いていたことがわかった。会合は各メーカーが交代で主催し、内容は主に液晶パネルの市場動向についての情報交換、価格の協議などだった。これらのメーカーは中国国内で液晶パネルを販売する際、会合で提示された価格や情報に基づき市場価格を操作し、他の経営者や消費者の合法的権益を損なった。 6社のメーカーが中国大陸内で販売した液晶パネルは計514万6200枚に上り、違法に獲得した金額は約2億800万元に上った。同委員会はこれらのメーカーに対し、総額3億5300万元の制裁金(不当な利得の返還が1億7200万元、没収が3675万元、罰金が1億4400万元)を科した。 発展改革委員会の責任者によると、今回の価格カルテル行為が発生したのは2001年から2006年にかけてであり、当時は中国の「独占禁止法」が施行されていなかったため、法の不遡及の原則に基づき、同委員会は価格法に基づき処罰を行ったという。 会合を通じて市場価格を決定するという6社の行為は典型的な価格カルテル行為であり、多くの国と地域が厳格な処罰を与えている。米国やEUに比べると中国の処罰は軽い。上述の責任者は、「米国やEUの処罰はメーカーの販売額を基準とするため、罰金額が大きくなる。中国は価格法に基づいて処罰を行ったため、罰金額は不当な利得が基準となる。また、パネルメーカーはいずれも自首したために、処罰が軽減された」とする。(編集SN) 「人民網日本語版」2013年1月6日  

Posted in sony 液晶パネル, 液晶パネル | Leave a comment

軽量かつバッテリー駆動時間の長いモバイルノートパソコンを比較

ここでは、各パソコンのバッテリー駆動時間と重量を一覧で表に掲載します。 さらに、1kgあたりのバッテリー駆動時間(バッテリー駆動時間[h]÷重量[kg])も表に掲載しています。この数値が大きいほど、軽量でなお且つバッテリー駆動時間の長いパソコンと言えます。 また、視覚的に分かりやすいように、「バッテリー駆動時間 対 重量」のグラフも掲載します。   表およびグラフの注意点 (1)CPUが高性能であるほど、バッテリーを消費します。Core i3→Core i5→Core i7と性能が良くなるごとに、経験上、約1~2割はバッテリー駆動時間が減っていきます。今回はCore i5を基準にし、Core i3を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「-」、Core i7を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「+」を記載しています。 (2)液晶ディスプレイのサイズが大きく高解像度であるほど、バッテリーを消費します。そのため液晶ディスプレイのサイズと大きさも表に記載しています。複数の液晶を選択できるPCもあり、他の液晶の場合、バッテリー駆動時間は変わってきますのでご注意ください。 (3)バッテリー駆動時間は、メーカー公表値ではなく、PCMark 8(Home accelerated)のバッテリーライフテストで計測した値です(当サイト調べ)。このテストでは、バッテリー駆動中、現実環境に近い処理が実行されます。具体的には、ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどが実行されます。やや厳しめ(低め)の数値になるため、「ローカルディスクに保存した動画の再生のみ」、「Web閲覧のみ」といった使い方の場合は、もう少し駆動時間が長くなると思います。 (4)バッテリー駆動テスト時の画面輝度は、120cd/m2にしています。 (5)重量は、メーカー公表値ではなく、当サイトでの実測値です。搭載されるパーツによってやや重量が変わります。 タッチパネルなしモデル まずは、タッチパネルを搭載していないパソコンの「バッテリー駆動時間」、「重量」、「1kgあたりのバッテリー駆動時間」の値を下の表に掲載します。「1kgあたりのバッテリー駆動時間」が長い順に上から掲載しています。 上にも書きましたが、バッテリー駆動時間、重量は当サイトでの実測値です。PCスペック、環境、計測方法によって値は異なりますのでご注意ください。また、赤字は第6世代インテルCPU搭載パソコンです。   タッチパネルなしのモバイルノートPCの比較 製品名 1kgあたりの バッテリー 駆動時間 バッテリー 駆動時間 ※1 重量 CPU 液晶 パナソニック レッツノート SZ5 バッテリー(L) 7.61+ … Continue reading

Posted in dell バッテリー, fujitsu バッテリー, lenovo バッテリー, nec バッテリー, nec 液晶パネル, panasonic バッテリー, sony バッテリー, sony 液晶パネル, thinkpad 電池, toshiba バッテリー, Vostro バッテリー, バッテリー, バッテリーの寿命, バッテリー関連情報, 富士通 fmv lifebook | Tagged | Leave a comment

液晶モニタ・液晶ディスプレイの選び方

laptopbattery.jp ユーザーが編集する液晶モニタ・液晶ディスプレイの選び方のガイドです。液晶モニタ・液晶ディスプレイ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック! 選び方のポイント 画面サイズ 種類 特徴 モニタサイズ モニタの大きさを表し、「19インチ型」や「22インチワイド型」といった呼び方をします。数値の19インチは、画面の対角線の長さを表しています。なお、1インチは約2.54cmです。 モニタタイプ 16対9のワイド型が主流で、他のタイプは割高です。解像度の縦横比と表示領域の寸法の縦横比とが一致せず、やや横長に歪んで表示されるモニタが若干存在します。そのようなモニタでは、パネルを構成する画素が正方形ではなく、やや横長です。歪みを気にする人は、このようなモニタを避けたほうがよいでしょう。 縁の広さ 縁が極めて狭い「縁なし」モデルもあります。マルチディスプレイ環境で、縁が気になる場合は検討するとよいでしょう。   画面仕様 表面処理 パネル表面の処理方法によって、グレア(光沢)とノングレア(非光沢)の2種類があり、画面の見え方が大きく異なります。ノングレアが主流で、グレアの製品はあまりありません。 グレア(光沢) ノングレア(非光沢) 仕様上でコントラストが同数値のノングレア製品と比較しても、鮮やかでコントラストが高く見えます。それにより、静止画や動画が一見きれいに感じられます。ただし、表面がツヤツヤなため、外部からの映り込みがあります。それにより、ノングレアと比べると目が疲れやすいという面もあります。 外部からの映り込みを少なくするため、乱反射する表面加工を施してあります。それにより、コントラストが地味で画面が白っぽく感じるという面もあります。映り込みを原因とした目の疲れはほとんどなくなります。しかし、数年前までは表面加工の精度が悪いパネルが多く出回っていて、そのギラツキにより疲れるという事例がありました。最近のパネルでは改善され、ギラツキはほとんど問題にされなくなっています。 項目 特徴 解像度 フルHD(1920×1080)が主流で、他のタイプは割高になります。フルHDより横のドット数が大きいディスプレイは、接続ケーブルがDual Link DVIかDisplay Portに限定されてしまいます。 応答速度 ある程度は数字が小さいほうが残像に有利ですが、ホールド型の場合、応答速度がいくら速くても残像はなくなりません。一部のゲーム愛好家が重視する項目です。 コントラスト 多くの機種では1000:1です。一部のVAパネル機では3000:1といった高い数値の製品があります。コントラストは高いほうが高性能ということに一応なりますが、例えばプリントの仕上がりを推し量るといった用途では高コントラストは不要です。ダイナミック・コントラストの数値は、参考になりません。 輝度 よほど明るい環境に設置する場合を除き、下げて使うことが望ましいので、輝度の数値は選び方のポイントとならないでしょう。 ドットピッチ 同じインチ数でも解像度が大きければ文字は細かく表示されます。「ドットが細かければ小さい文字も読める」かどうかは店頭で確認してみるとよいでしょう。 LEDバックライト 多くは白色LEDを使用していて、これは省電力で薄型・軽量といった特徴があります。フリッカー(ちらつき)による悪影響があるかもしれないという問題が指摘されており、その対策をした製品(フリッカーフリー)があります。対策の内容によっては、輝度が十分に下げられないとか、輝度を下げると、色調が大きく変化するなどの副作用が生じているモニタもあります。 3D対応 立体映像(3D映像)に対応しているディスプレイです。 フリッカーフリー … Continue reading

Posted in sony 液晶パネル, 液晶パネル | Tagged , | Leave a comment

NEC 液晶パネルに関するQ&A

Q:NECノートPC液晶パネル交換の仕方(LaVieGのPC-LG10FJHMF) NECノートPC液晶パネル交換の仕方(LaVieGのPC-LG10FJHMF) NECノートPCの液晶パネル交換の仕方についてお教え下さい。型番は、LaVieGのPC-LG10FJHMFです。液晶パネルが故障してしまい自己責任で交換をしたいです。先ずは、どのような手順で壊れた液晶パネルを外す必要がありますか?宜しくお願いします。 A:ベストアンサーに選ばれた回答 これは、非常に簡単です。 バッテリをはずして、バッテリの左右にある、黒いプレート、右は、銀色のスイッチ等、3個あるやつを、それぞれ、バッテリ側に、スライドさせると、はずれるので、左の方に、本体との接続、ケーブルがあります。 液晶自体は、ヒンジ部の、底や、背面の ネジをはずせば、はずせます。 ただし、無線LAN のモデルですと、アンテナ線が、マザーから延びており、銀色のスイッチ等、3個あるやつの右側を通ってます。 パームレストをはずして、キーボードもはずすと、アンテナ線が、どこを通ってるか、わかります。 おちついてやれば、わかるかと思います。 もう、まったく、不親切な回答で申し訳ないのですが、やってみると、あぁ、そういうことか。 という感じじゃないでしょうか。 Q:液晶パネル交換 液晶パネル交換 NEC LaVie LL550/TG1TP液晶パネルの交換の交換をしたいのですが4箇所のねじを外しましたが開けることが出来ません。 モニターの空け方を教えてください。 NECに見積もりをしたところ8万くらい掛かると言われました、なんとか自分で交換したいのでどなたか宜しくお願いします。 A:ベストアンサーに選ばれた回答 すみませんがこのパソコンを持っていないので正確な情報ではないかもしれません。 今なら戻れます。やめるなら今しかありません。 液晶のねじをはずしても取れない場合、二つ考えられます。 1.どこかに隠しねじがある。 よくあるのは、モニタ側のゴム足を取ると出てくるパターンです。 2.本体をばらさないと取れない なんだかうまく絡み合って、本体をとらないと液晶が外れないケースも過去にありました。 本体をバラすときは、20本くらいのねじと隠しツメをかわす必要があるでしょう。 どこがどのねじかしっかり分類しながらばらさないと、元に戻りませんのでご注意ください 3.隠しツメがたくさんある ほとんどのパソコン、ディスプレイはばらすときにたくさんの隠しツメをかわす必要があります。が、隠しツメだけあって隠れているのでどこにあるのかわかりません。たいてい最初は2つ3つは折れてしまうと思います。折れるときれいにくっつきません。 ここまでやって、ようやく取り外しです。 取り外した後、液晶をはずしてメーカーと型番を確認してインターネットで販売しているところがないかを確認します。 なければアウト。苦労が無駄になります。 メーカーのパーツセンターで取り寄せが出来る可能性もありますが、その場合は結構高いです。 で、交換してもつかないときはインバーターが壊れている可能性があります。 この場合はパーツセンターかリサイクル品で交換できるものを探さないといけません。 入手できなければアウトです。 … Continue reading

Posted in nec 液晶パネル, sony 液晶パネル, 液晶パネル | Tagged , | Leave a comment

ノートPCの可能性を広げる”外付け”液晶ディスプレイ

Windows 7でデュアルディスプレイがもっと便利に ノートpc 液晶パネルをデスクトップPCだけで使うのは実にもったいない。ノートPCと接続することで多くのユーザーメリットが生まれ、ノートPCが持つ本来のパワーも引き出せるようになるのだ。 ノートPCの可能性を広げる”外付け”液晶ディスプレイ ノートPCの大半は、便利な「外部ディスプレイ出力」の端子を備えている。これを使えば、ノートPCで再生する映像を家庭の大画面テレビに出力したり、 オフィスならプロジェクターを接続してプレゼンテーションに利用したり、と活用できる。実際にこうした使い方をしたことがあるユーザーは多いはずだ。 しかし日常では、ノートPCだけを使い、外部ディスプレイ出力を利用するケースはそう多くないだろう。 そこで今回は、家庭やオフィスを問わず、ノートPCと単独の液晶ディスプレイを常時つないで利用するスタイルを提案したい。 ノートPCは液晶ディスプレイを既に内蔵しているが、ここに単独の液晶ディスプレイを追加して使うことで、さまざまなメリットが生まれるのだ。 ノートPCの使用環境が快適、便利になるだけでなく、新しい用途にも対応できるなど、PCそのものの可能性が広がってくる。 既にデスクトップPCと液晶ディスプレイをつないでいて、ノートPCとは別に使っているという場合でも、昨今の液晶ディスプレイは2系統以上の映像入力を 持っている製品がほとんどなので、映像入力は余りがちだ。 ノートPCの外部ディスプレイ出力、液晶ディスプレイの映像入力と、せっかくの機能を眠らせておくのはもったいないので、有効に活用したい。 もちろん、ノートPCと接続するために、新しい液晶ディスプレイを導入するのもおすすめだ。 ノートPCを大画面・高解像度で使えて利便性がアップ ノートPCと単独の液晶ディスプレイを接続する一番のメリットは、大画面かつ高解像度のデュアルディスプレイ環境が得られることだ。 標準的な据え置き型ノートPCは、本体内蔵の液晶ディスプレイが13型~15型程度のワイドサイズで、解像度が1280×800ドットや1366×768 ドットというモデルが多い。 こうした解像度でもWindowsの基本操作は十分行えるが、いうまでもなく、PCの画面は大きくて高解像度のほうがはるかに使いやすい。 ノートPCに最新のワイド液晶ディスプレイを組み合わせれば、大画面・高解像度のデュアルディスプレイ環境を手軽に構築できる。 使い慣れたノートPCはそのままで、画面サイズと解像度を大きく広げられるのは実に快適だ。 特に縦方向の解像度が高くなることで、Webブラウザや文書の表示・編集など、さまざまなアプリケーションが格段に使いやすくなる。 例えば、Webブラウザで調べものをしたり、PDFファイルを参照しながら、ワープロソフトやプレゼンソフトで資料をまとめたり、表計算と文書作成を同時 に行ったり、 といった作業がウィンドウの切り替えなしでスムーズに行えるようになるのだ。 また、ノートPC内蔵の液晶ディスプレイにWebブラウザなどを起動し、外付け液晶ディスプレイの大画面で映像コンテンツを視聴するといった、ぜいたく な”ながら視聴”環境を実現できるのもうれしい。 外付け液晶ディスプレイの大画面でゲームをプレイしながら、その攻略法をWebサイトで調べたり、掲示板に情報を書き込んでほかのユーザーとコミュニケー ションしたり、といったホビー用途にも大活躍する。 オフィス用途ならば、ノートPC内蔵の液晶ディスプレイと外付け液晶ディスプレイの画面を「クローン表示」にして、プレゼンに利用すると便利だ。 クローン表示とは、2つのディスプレイ画面にまったく同じ内容を表示することで、通常はグラフィックスドライバの機能で設定する。       数人でちょっとした会議や打ち合わせを行う場合、プロジェクターをわざわざ用意しなくても、プレゼン資料を外付けの液晶ディスプレイに映し出しながら分か りやすく説明できるのは重宝するに違いない。 画面に映して説明できれば、配布資料を減らすことにもつながり、オフィスのペーパーレス化も促進されるなど、いいことずくめだ。 ここで1つ注意したいのは、ノートPCの外部ディスプレイ出力が対応する最大解像度で、あらかじめノートPCのスペック表やサポート情報などで確認してお こう。 … Continue reading

Posted in nec 液晶パネル, sony 液晶パネル, 液晶パネル | Tagged , , | Leave a comment

sony 液晶パネルの分解・詳細情報

液晶パネルの分解 sony 液晶パネル部分をまるごと外しましたら次はパネルの分解作業になります。赤丸部分のネジ4本を外します。こちらのネジはゴム部品で目隠しされていますので、細いマイナスドライバや針のようなものでゴム部品を外してからネジを外します。             液晶パネルの分解:外枠の取外し ネジを4本外したあとは、パネルの外枠フレーム部分が外れます。こちらはツメと両面テープで固定されていますので、丁寧に外します。無理に外そうとすると割れてしまうので注意が必要です。           液晶パネルの分解:液晶パネル内部写真 外枠部分を外した状態です。 このパソコンは液晶パネルのバックライトが冷陰極管となっていますのでインバーターがあります。バックライトはLEDが主流になってきているので、冷陰極管式は数少なくなっています。 STEP3で詳細はご説明しますが、今回このタイプの条件の合うパネルがなかなか見つからずに、LED式に変換しました。               液晶パネルの分解:ヒンジカバーの取外し ヒンジ部分にはプラスチックの白いカバーがかぶさっています。赤丸部分のカバーですが、ネジを外してカバーを取外します。 カバーは左右1個づつあり、両方ともネジが2本でとまっています。ネジを外すとカバーがとれます。           液晶パネルの分解:ヒンジカバーの取外し ヒンジカバーを外した状態のお写真です。このカバーが左右に1個づつかぶさっています。     液晶パネルの分解:パネル部品の取外し … Continue reading

Posted in sony 液晶パネル, 液晶パネル | Tagged , | Leave a comment