【最新版】 モバイルバッテリー ケーブル内蔵 大容量 10000mAh 薄型 軽量 急速充電microUSB Lighting Type-C コネクタ付 スマホ 充電器 コンパクト 持ち運び便利3台同時充電 iPhone&Android&Type-C 全機種対応 (ブラック)

10000mAh Mini Fast Charger Universal External Battery Power Bank Mobile Battery for iPhone X, iPhone 8 Plus, iPhone 8, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 6S, iPhone 6S Plus, iPhone6, Samsung Galaxy Note 8, Samsung Galaxy S8, Galaxy S9/S9 Plus, Galaxy S7/S7 Edge, S6/S6 Edge; Xperia Z3V/Z4V, Nexus, Android Smart Phones, iPad Devices (iPhone / iPad /Android)

EL1696RZ4 is a highly effective external power battery that could be used for Digital Cameras and Mobile Phones, etc. As there are 3 output plugs, EL1696RZ4 could perform multi-task of supplying power to several devises. This battery is a safe product because of its build-in protection circuits, and could provide more power supply to your electronic devices. Safety and convenience are the added value of the battery.

ノートPCバッテリー、液晶パネル、大容量外付けバッテリー専門店
Specifications:

1)Type: External battery bank
2)Capacity: 10000mAh
3)Battery: A-Grade Li-polymer battery
4)Input/Output: 2.0A / 2.1A
5)Demmension: 87 x 87 x 18mm, 160g
7)Cable length: 26cm
8)Smaller and lighter, multi-functional and fashionable.
9)Hight transferring rate: About 85%
10)High capacity: can supply cell phones for 5-15 times once been fully charged.
11)Reliability: Three functions of charging protection, discharging protection and short-curcuit protecton.
12)Long cycle life: 1000 times.
13)MicroUSB, Lighting and Type-C: 3 tips can fit more than 99% brand mobile phones

 

Package Contents:

  • 1 x 10000mAh power bank with cable & 3 tips
 ãƒŽãƒ¼ãƒˆPCバッテリー、液晶パネル、大容量外付けバッテリー専門店

ノートPCバッテリー、液晶パネル、大容量外付けバッテリー専門店

【新品】高品質CANON PowerShot A10 外付けバッテリー 10000mAh Mini 87x87x18mm 160g 2.1A Universal External Battery Power Bank Mobile Battery 3-in-1 Ports

商品情報:

    • 製品型番: EL1696RZ4
    • Li-Polymer
    • 5V 10000mAh Black 160g 87 x 87 x 18mm
    • 商品種類: ノート・タブレット・スマホ対応 大容量モバイルバッテリー
    • 状態: 未使用新品、バルクパッケージ。
    • 用途: ノートPC、ウルトラモバイルPC、ネットブック、ミニノートPC
    • 電気安全規格: 電気用品安全法<PSE>
    • 動作確認: 出荷前は動作チェックしております。
    • 保証期間: 商品到着日より1年間。
  • ※ 10000mAh, Input/Output: 2.0A/2.1A, 160g, 87x87x18mm
    Charging time: 1-2 hours

 

本商品は、下記 の型番に対応可能です:
CANON

CASIO

CONTAX

FUJIFILM

GE

KODAK

KYOCERA

MINOLTA

OLYMPUS

PANASONIC

ROLLEI

SANYO

SHARP

SONY

TOSHIBA

★ 免責事項: 当社では、特定の電気メーカーの製品に[交換]使用可能な製品を提供しております。単に当社製品の[交換]使用可能性を示す目的で、その製造元の商標や製品情報を利用しております。当社または当サイトは、これらの製造元に所属すること、権限が与えられること、認可される事等は一切ありません。また、当社はその製造元の代理店ではありません。当サイトにて販売されている製品は、その製造元の認可で互換製品として製造及び販売を行っておりません。

失礼ですが、もし、ご注文くださった商品は液晶パネルマザーボードあるいはCPUファンであれば、ぜひそちらのメールをごチェックください、何かの情報をそちらのチェックが必要です。 ご注意: 弊社のメールアドレスはorder@laptopbattery.jpです、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted in iPhoneバッテリー, バッテリー, モバイルバッテリー | Tagged | Leave a comment

Common Safety Standard Certifications

Our products have passed the safety standards of various countries, including the FI(Finland), N (Norway), CSA (Canada Standards Association), D (Denmark), CB (International Certification Body), UL (American Underwriters Laboratory), DVE (Germany), TUV (North America), and SWEDEN (Sweden) safety standard. They have also obtained electromagnetic compatibility and electromagnetic radiation interference related certification, such as CE (European safety standard for electrical equipment), FCC (American Federal Communications Commission) and CCEE (Chinese Great Wall) certification. Most consumers, when they do not understand the specifications indicted on the power supply, look at the number of passed certifications to determine whether they are dealing with a good or bad power supply.

Of course, if a product has passed a safety standard certification, this indicated that it complies with “a certain” norm for electrical equipment in that particular country, however, that same safety standard can be divided into many different subcategories with each subcategory having different implications. CSA certification, for example, does not only distinguish region and product type, but also distinguishes different classes, so who can guarantee the universal quality of power supplies?

When a power supply has passed many different safety standard certifications, this of course indirectly means that this product in some way has reached a certain standard, however, some safety standard marks are easily copied and the public is often deceived by “underground certification”. There are even manufacturers without concern for the implications for the user.

If safety standard indications can be falsified, then how can you distinguish original from fake? Once a product has passed a safety standard certification, you can check relevant information either with the organization that issued the certification or on that organization’s website. Of course, this requires” time”, so when purchasing a power supply, another option would be to choose a product from a reputable large manufacturer or a brand praised by gamers. Some power supply manufacturers include a copy of the safety standard certification in their packaging as a user reference, and although this is a responsible method of the manufacturer, the user has no way of knowing whether this copy isn’t fake also.

ご安心ください! Power Supply FSP FSP600-702UH
互換品番 FSP:
[ FSP600-702UH ]
商品番号: PSFS050
在庫あり。

24800円


ご安心ください! Power Supply FSP FSP600-80PSA FSP600-50HPN
互換品番 FSP:
[ FSP600-80PSA FSP600-50HPN ]
商品番号: PSFS051
在庫あり。

24400円


ご安心ください! Power Supply FSP FSP100-50LG FSP250-60LG FSP200-50LG
互換品番 FSP:
[ FSP100-50LG FSP250-60LG FSP200-50LG ]
商品番号: PSFS052
在庫あり。

13500円


ご安心ください! Power Supply FSP FSP250-60SV
互換品番 FSP:
[ FSP250-60SV ]
商品番号: PSFS053
在庫あり。

7900円

Posted in 電源ユニット | Tagged , , | Leave a comment

FSP Power Supply Label Data

Performance Indexes:

1.    Wattage

A Power supply can transform alternating current (AC) of the utility power into direct current (DC) required by your computer. Most power supplies provide the computer with +3.3V, +5V, +12V, -12V, -5V power, and we usually use the wattage (watts) to evaluate the power’s capability.

2.    Capacitance

Capacitance plays a very important role in power supplies. A high-capacity filter capacitor can provide the computer with a better and purer input current, which is extremely important for the stability of the computer, If the input current is not pure this will lead to chaotic signals, interfering with the normal processing of signals by the computer and causing instability. Many cheap power supply manufacturers use low-capacity filter capacitors to cut costs, resulting in the computer’s performance falling short. There are even inferior quality power supplies that pose the risk of an exploding capacitor when the computer is struck by lightning or affected by any other unexpected impact.

3.    Output

AC input stands for the input from the external power source (utility power), in Taiwan 110V, and the specification is therefore 115V (+-10% margin). The 230V specification is for use abroad, while amperage and frequency are relevant corresponding specifications. The voltages supplied by the power supply after transformation of AC current into DC current useable by the computer and most important to gamers, are 3.3V, +5V and 12V. +3.3 and +5 are usually required by processors, chipsets, display cards, and PCI and USB devices, while storage devices, CD-ROMs etc. need +12V. Users, and in particular gamers who often use the power management or Wake on Lan (WOL) function, must also pay attention to the +5Vsb (standby power) indication, because the WOL function, for example, requires a power of approximately 600mA. Therefore, if your platform consists of high voltage (HV) equipment such as a high-end high-speed processor with a high-end display card, choosing a high quality power supply is of crucial importance.

The data provided on labels of power supplies available on the market are not always identical. As each manufacturer may have “different ideas”, labeling often seems “ambiguously unclear”. There are manufacturers that indicate the maximum power of a continuous output, while other indicate the peak surge output. As long as there is no set norm, though the indicated specifications may be similar, some power supply brands will show no problem in case of overload, while others will stop working altogether after only 1 or 2 seconds of overload. Imagine if we were to compare the other detailed output specifications, short circuit protection data, etc. of power supplies and take into consideration factors such as power quality. Therefore, choosing a high quality power supply is extremely important!

4. Input Voltage Range

On the label, the indicated input voltage range is usually 100-240 Vac, which covers global commercial voltage levels.

5. Input Frequency

The commercial range for input voltage frequency is usually 50 or 60 Hz, while electrical specifications are usually 47-63Hz.

6. Efficiency

Efficiency = (output power)/ (input power), the input-output surplus becomes energy.

7. Turn-on Delay Time

The time that it takes for the output voltage to reach a stable voltage range after the system is powered on.

8. Hold Up Time

The time during which the output can be maintained after the system is powered off.

Posted in 電源ユニット | Tagged , | Leave a comment

HPノートPCのAC電源コード 自主回収プログラムのご案内 (2014年8月27日)

日頃からHP製品をご愛用いただき、まことにありがとうございます。
2014年8月26日(日本時間8月27日)、米国消費者製品安全委員会(U.S. Consumer Product Safety Commission)との協力のもと、ノートPCで使用する特定のAC電源コードを回収し、無料で交換する自主回収プログラムを発表しました。
該当するAC電源コードは、ノートPCとドッキングステーション等のオプション製品のACアダプターに同梱され、2010年9月~2012年6月に出荷されました。これらのAC電源コードは、過熱、発火、火傷等の危険の可能性があります。なお、ノートPCとオプション製品に同梱されているすべてのAC電源コードが、この自主回収プログラムに該当するわけではありません。該当するAC電源コードの確認と交換の申し込みは、以下のウェブサイトで行えます。
http://www.hp.com/support/PowerCordReplacement

対象製品をご使用のお客様には、ご不便とご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

対象製品

2010年9月~2012年6月に出荷した、ノートPCとドッキングステーション等のオプション製品のACアダプターに同梱された、一部のAC電源コードが対象です。
対象となるAC電源コードは、ACアダプター本体に接続する側のプラグに、「LS-15」のマークが付いています。「LS-15」のマークが付いているAC電源コードが、すべて自主回収プログラムに該当するわけではありません。お客様のAC電源コードが自主回収プログラムに該当するかは、
http://www.hp.com/support/PowerCordReplacementでご確認ください。
電源コード
power-cord

対応

自主回収プログラムに該当するAC電源コードは、無料で交換いたします。対象となるAC電源コードをお使いのお客様は、専用ウェブサイトhttp://www.hp.com/support/PowerCordReplacementから、AC電源コードの確認と交換をお申し込みください。
なお、専用ウェブサイトの初期画面は英語表記ですが、画面右上の言語選択で「日本-日本語」を選択すれば、日本語表示に切り替わります。また、お申し込みの際に入力いただく項目は、ローマ字(半角の英数字)で入力をお願いします。

本件に関する質問等がございましたら、「HPノートPC AC電源コード自主回収プログラム窓口」までご連絡ください。

ご注意:
この文書の情報に記載された製品やソフトウェアのバージョン等は適用開始日現在のものです。
予告なく内容が変更されることがありますのでご了承ください。

影響するプラットホーム HPノートブックPC、CompaqノートブックPC、MiniノートブックPC、
ドッキングステーション等のオプション製品
モデル一覧はこちら
影響するOS OSに依存しない
影響するサブシステム 電源
影響するサードパーティ製品 なし
対応するSoftPaq なし
適用開始日 2014年8月27日
Posted in ACアダプター | Tagged , , , , , | Leave a comment

Selecting Batteries for IoT Devices

The Internet of Things (IoT) relies on the use of autonomous, wirelessly connected sensors to relay data about changing environmental conditions at often remote, difficult-to-reach locations. As a result, IoT sensor nodes need to be able to provide their own power over many years.

Although IoT sensor nodes may make use of energy harvesting to provide electrical power, the amounts of energy available are small and often unreliable. The sensor node generally needs some way of storing energy temporarily so that it is ready when a reading has to be taken or a message sent wirelessly. One option is to provide a small rechargeable battery or storage capacitor. However, these storage mechanisms have their own drawbacks that can limit their usefulness: rechargeable batteries wear out after a few hundred charge-discharge cycles and need to be replaced, and supercapacitors will not just change their characteristics over time but will self-discharge rapidly. The self-discharge can be as much as 20 percent per day, causing much of the converted energy to be wasted.

To ensure that power can be supplied over the lifetime of the IoT product, a primary battery may be needed although it could be supplemented by the combination of an energy harvesting and storage subsystem. Through the use of harvesting, it is possible to extend the usable lifetime of the sensor node before its primary battery is exhausted and needs to be replaced or the node itself is disposed.

The power consumption profile of a sensor node tends to follow a model through which the activity of the node is mainly confined to short bursts, typically to take a sensor reading and, if the reading is outside the expected range, send an alert over a wireless link. At all other times, most of the electronics will be in a low-power sleep mode. As a result, the power consumption will be exhibited as a series of pulses, perhaps with different heights and duration depending on how much of the circuitry is active at any one time.

Battery chemistry is a key consideration for the primary power source of an IoT-based system, as this will interact strongly with the mode of use and the overall circuit design. Some chemistries provide long-term energy storage but are adversely affected by large peaks in demand, although this issue can be addressed through the use of supercapacitors to provide a buffer between the primary battery and the circuit’s demands. Other chemistries can provide sudden bursts of energy to help drive longer-distance RF transmissions but which do not provide such a long storage lifetime, thus limiting the useful life of the sensor node. The discharge voltage is also an important consideration – it will fall to be lower than the nominal voltage, something that has to be handled by the circuit design.

For example, a cell may exhibit a nominal output of 1.5 V and dropping below 0.9 V when almost fully discharged. If the circuitry cannot operate below 1 V, then the battery will fail to provide its maximum rated energy as the final reservoir cannot be used. For most chemistries, the falloff is typically more rapid towards the end of the discharge curve such that 90 percent of the energy might usefully be extracted. However, it is important to check the discharge curve as lithium batteries typically hold a higher voltage over time than alkaline. Using a battery with a higher voltage towards the end of its life or assuming that 10 to 20 percent of the capacity may be wasted may present a sensible tradeoff against the loss in efficiency of using a boost converter to make it possible to extract almost all available energy.

Primary battery chemistries separate into two broad classes, those based on lithium and those based on zinc, although subclasses within them can have quite different properties. There are three main types of zinc-based chemistry in production today. Zinc-air batteries will generally be ruled out despite their good energy density of almost 1.7 MJ/kg because of their high self-discharge rate. Typically, cells are good for only a matter of months. As a result, alkaline batteries based on the combination of manganese dioxide and zinc powder provide a more attractive option. The alkaline battery technology is already in widespread use in low duty-cycle applications with similar properties to IoT sensor nodes such as smoke detectors. The nominal voltage of a single cell is 1.5 V, dropping below 0.9 V when close to full discharge. Akaline batteries in a variety of form factors are made by Energizer and Panasonic.

article-2014august-selecting-batteries-for-fig1

 

 

 

 

 

 

 

 
Figure 1: Discharge characteristics of an Energizer EN91 alkaline battery under constant load conditions.

An alternative to alkaline is the older zinc-carbon technology. However, this offers lower performance and is typically only a consideration when cost is the primary challenge as the energy density is a third that of alkaline. As with the alkaline chemistry, zinc-carbon tends to have a low self-discharge rate, allowing use over a period of up to ten years.

A further variant, although potentially costly in larger sizes because of the precious metal it uses, is silver oxide, which is based on an alkaline chemistry that employs silver oxide in the cathode. The self-discharge rate is 5 percent per year, providing a reasonably long storage life. An advantage of the chemistry is its very flat discharge curve and its ability to provide high peak power levels to be drawn without adversely affecting effective capacity. Energy density is typically about 15 percent higher than that of alkaline cells. Energizer provides a variety of silver oxide batteries in button form.

Lithium batteries come in a variety of form-factors, but most commonly in button or coin cell format for use in IoT-type applications. The BR-form cells are typically made from a carbon mono-fluoride gel and a lithium alloy. These offer very-low self-discharge characteristics and, as such, are used in applications requiring very long service intervals with relatively low power requirements such as metering systems. The nominal voltage of this type of cell is 3.0 V dropping below 2.2 V when almost fully discharged. Panasonic offers lithium BR cells with capacities ranging from less than 50 mAh to 500 mAh or more.

The CR form of lithium cell replaces the BR’s cathode with a manganese dioxide material. This material has the advantage of reducing the internal impedance of the battery. This results in the CR cell supplying higher pulse currents than its BR counterpart at the expense of a slightly higher self-discharge rate and lower performance at high temperatures. Lithium CR cells are made in coin and other form-factors that were originally designed for use in portable cameras by suppliers such as Energizer, FDK and Panasonic.

A further variant on the lithium cell is the lithium thionyl chloride chemistry. These cells have been introduced more recently than other lithium chemistries and offer extremely-low self-discharge rates, enabling a battery life of 20 years or more. Manufacturer Tadiran has claimed a lifetime of up to 40 years in some circumstances for high-endurance products. Batteries employing the chemistry benefit from a very flat discharge profile over time so that the terminal voltage stays relatively constant over their entire service life. The nominal voltage of this type of cell is 3.6 V with a fully-discharged voltage of 2.2 V, although this is only encountered at the very end of the cell’s service life. Cells are available in coin/wafer or cylindrical form, with the latter typically providing higher energy density.

2-article-2014august-selecting-batteries-for-fig2

 

 

 

 

 

 

 

 
Figure 2: Discharge characteristics of the Tadiran TL-5186, a battery that uses a lithium thionyl chloride composition.

The wide choice of primary batteries available to IoT sensor node developers makes it possible to tune the chemistry to the required properties of lifetime, burst-current capabilities, and cost. As research looks at further enhancement to zinc and lithium-based chemistries, further improvements, particularly in lifetime and self-discharge properties, can be expected.

Posted in panasonic バッテリー, plc バッテリー | Tagged , , , | Leave a comment

日本の電子産業 苦境の中で再編加速

日本の株式会社東芝は3月30日、中国の家電大手・美的集団が537億円を出資して、白物家電事業子会社の東芝ライフスタイル株式会社の株式の80.1%を買収することを明らかにした。美的は東芝がもつ白物家電関連の特許5千件以上と40年間の東芝ブランドのグローバルライセンスを取得することになる。人民日報が伝えた。

SONYノートPCキーボード

同じ日にシャープ株式会社も声明を出し、鴻海集団による3890億円の買収提案の受け入れを明らかにした。鴻海と3つの子会社は追加発行される普通株を買収した後、シャープ株の66%を保有することになる。

分析によると、日本の白物家電産業は目下、苦境の中で再編を加速させている。

日本の家電産業は1980~90年代に世界を席巻した。21世紀になると、韓国と中国のメーカーが技術の向上と価格の優位性によって徐々に市場シェアを拡大。日本メーカーは中国や東南アジアに相次いで生産拠点を建設したが、「高品質高価格」の位置づけはお値打ち製品を求める新興市場のニーズに対応できず、日本国内でも人口減少や内需減少の苦境に陥った。2010年以降、日本の8大メーカーは相次いで損失を出した。

100年の歴史をもつシャープは世界的な液晶産業の大手メーカーだが、市場情勢の判断の誤りから長年にわたって損失を出し続け、12年以降は銀行から2回の支援を受けながら、いまだに苦境から抜け出せずにいる。15年度(15年4月~16年3月)には1700億円の赤字が予想される。台湾地区の鴻海集団は世界最大の電子製品受託製造企業であり、傘下の富士康公司はアップル社の電子製品の主要製造企業で、液晶パネルには基本的にシャープ製品を採用している。メディアが伝えたところによると、鴻海が欲しいのはシャープの世界最先端の液晶パネル製造技術であり、アップルに対する価格交渉力の強化を目指す。シャープによれば、鴻海の買収後は、次世代有機ELパネルと新型家電の開発製造を重点的に進めるという。

東芝は日本の大手老舗メーカーで、日本で初めて洗濯機を製造した。だが昨年以来の不正会計事件の影響により、重大な危機と再編の苦境に直面している。英国の調査会社ユーロモニター・インターナショナルがまとめた統計によると、台数で計算した場合、2015年の美的の白物家電のグローバル市場シェアは4.6%で世界2位だった。東芝の白物家電事業を買収すると、東芝のブランドとルートを利用して日本と東南アジアでの販路を拡大し、グローバル戦略の推進を加速させる見込みだ。

シャープと東芝のケースを通じて日本電子産業が隆盛から衰退へと至る様子をうかがうことができる。ここ数年の間に、電子産業はこれまでの垂直分業モデルからグローバル規模の水平分業モデルへと移行している。バリューチェーンの川上にいるのはアップルを代表とする革新企業で、主に技術プラットフォームの構築とブランドの開発・販売を手がけ、製造は行わない。川下にいるのは鴻海を代表とする受託製造企業で、大手ブランドから生産を請け負い、スケールメリットで製造コスト引き下げをはかる。

日本の政策研究大学院大学の邢余青教授は、「美的や鴻海などの企業のこれまでの成功は新興市場の安価な労働力を十二分に利用することを土台としてその上に築かれたもので、規模は大きいが、バリューチェーンの下流に位置する。日本の有名家電メーカーを買収することで、バリューチェーンの上流へと飛躍するために必要な時間が短縮されるはずだ」と話す。

日本貿易振興機構(ジェトロ)がこのほど発表した日本の外資導入に関する報告書によると、14年にアジア諸国・地域が日本に対して行った投資は同年に増加した外資全体の60%を占め、西側諸国を上回ったという。また日本紙「日本経済新聞」は、新興市場国の企業が世界に活力を注入している。日本企業が欧米企業だけを見ているとしたら、経営面での可能性は大いに狭まることになる。日本企業は腰を低くすることを学ばなければならない、と報じた。(編集KS)

「人民網日本語版」2016年4月1日

Posted in ノートPC | Tagged , , , , , | Leave a comment

日本の老舗家電メーカー、業界トップから転落し苦境に陥る

日本で初めて洗濯機を生産した家電業界の巨頭・東芝と液晶パネル分野で全世界から評価されているシャープ。このほどこの日本企業2社が再び世間の注目を集めている。しかしそれは時代の最先端をいくような製品を開発したというような理由からではなく、その業績不振から子会社を売却する憂き目に遭ったり、一部の株式を買収されるという苦境に陥ったためだ。新華社が伝えた。

LG 液晶パネル

東芝は30日、その白物家電事業を中国の家電メーカー大手「美的集団」に売却することを発表。同日、台湾・鴻海集団はシャープの一部の株式を買い取ることを発表した。数十年の間に、業界トップから苦境に陥り、東芝は一番の売りだった白物家電事業を売却せざるを得ず、シャープは「外資系企業に買収された初めての日本家電大手」になると言われている。日本の老舗家電メーカーはどうしてこのような苦境に陥ることになったのだろうか?

根本的な原因として挙げられるのは、日本の家電分野の大手は大胆な改革やイノベーションを行う英断に欠けていたために衰退していった点だ。かつてアジア家電市場の大半を支えていた日本の家電企業はこうして自ら撤退または譲渡の形で消費者から離れていった。

ここ数年、パナソニック、ソニー、日立など日本の家電分野のトップ企業が次々と経営困難に陥っている。保守的な市場対策が日本の家電業を次第に没落させた主な原因とみられている。製品と技術が常に革新を続ける今日、自社分野を固守し、現状の改革を望まない日本企業は、過去からの蓄積を使い果たして初めて時代がすでに変革していることを認識した。しかし時すでに遅し、消費市場で後進企業と拮抗することは難しくなっていた。

東芝を例にとると、中国と韓国のブランドが家電領域で急速に台頭し始め、日本企業のアジア家電市場でのシェアが中国と韓国企業に占められて、かつてトップの地位を誇っていたテレビ、洗濯機、PCなどの分野における優勢も次第に下降していった。にもかかわらず、東芝は遅々として巻き返しを図る決定を行わなかった。

負担となる業務構造は企業の運営コストを増加させ、次第に失われていく市場シェアは企業の利潤を急速に減らし、最終的に東芝は会計操作による利益水増しという不正事件を起こすことになった。これにより企業への信頼は大きく失われ、税前利益ベースで大きく下方調整されたほか、日本の証券取引等監視委員会からは多額の罰金を申し渡され、主要業務の売却と組織改革を迫られることになった。

実際のところ、衰退しているのは東芝だけではない。ソニーやパナソニックも迅速な対策が無いまま、ここ数年巨額の赤字に直面している。中でもソニーは液晶テレビへの投資を長期間躊躇しており、パナソニックは巨大な市場の圧力のもと、最終的に液晶テレビ事業を譲渡している。このような変革を望まない「閉鎖的な思想」が日本の家電企業の再生を妨げているのだ。

また長い間、市場のトップを占めていた日本の家電企業には多かれ少なかれライバルを過小評価する風潮があり、危機意識が欠けていた点も挙げられる。日本の老舗家電大手はいまだ中国と韓国の家電企業が台頭してきている現状を受け入れられず、王者としての地位に甘え、消費者争奪の競争の中で次第に没落していった。

それだけでなく、一部の日本企業は企業道徳にも欠けたことが、今日の壊滅的な局面を引き起こした原因となっている。日本経済新聞の中国語版では、液晶パネルの一時代を築きあげたシャープがこのような苦境に陥ったのは、大規模な投資の失敗と管理者たちの「無為無策」という原因の他にも「企業道徳の欠落」に大きな関係があると指摘している。

この記事では、日本で家電エコポイント制度が導入されたことを受けて、液晶テレビの売上げが格段に伸び、ソニー、東芝、シャープは液晶パネルの仕入れ取引契約を結んだが、シャープは自社への供給を優先させると同時に、ソニーと東芝への供給を制限したと紹介している。当然、シャープのこのような利益重視のやり方は批判されることとなった。そしてエコポイントがもたらした特需が終わると、シャープは苦境に陥り、最終的に鴻海集団の出資を受け入れることで破産を回避した。

しかし、アナリストは現在日本の家電企業には衰退の現象が見えるものの、いまだ先進技術などのコア競争力を備えていると指摘している。日本企業の技術と品質を追求する姿勢は外国企業が学ぶに値する。また注意すべきは一部の日本の家電企業は末端の市場競争から撤退を余儀なくさせられているのではなく、進んで身を引いている点だ。モデルチェンジにはさらに高い技術レベルを必要とするが、商用市場の競争はさほど熾烈ではないため、商業形態の転換を図っているのだ。日本の一部の老舗家電企業は依然として市場の有力な競争相手なのである。(編集TG)

「人民網日本語版」2016年4月5日

Posted in nec 液晶パネル, toshiba バッテリー, バッテリ, バッテリー, 液晶パネル | Tagged , , | Leave a comment

液晶パネルメーカー6社、価格カルテルで罰金

中国国家発展改革委員会はこのほど韓国・台湾の液晶パネルメーカー計6社に対し、中国大陸部で販売される液晶パネルについて価格カルテルを結んだとして、総額3億5300万元(約50億円)の制裁金を科したと発表した。人民日報が伝えた。

ノートPCバッテリー
6社はすでに中国国内のテレビメーカーに対して不当利得1億7200万元(約24億3000万円)を返還したほか、今後は中国の法律を遵守し、中国のテレビメーカーに公平な商品提供を行うことを承諾したという。6社はまた、中国のテレビメーカーが国内で販売するテレビの液晶パネルの保証期間を18カ月から36カ月に延長した。

韓国のサムスン電子、LG電子、台湾の奇美電子、友達光電(AUO)、中華映管、瀚宇彩晶などの液晶パネルメーカーが共同で液晶パネル価格を操作しているとの情報が2006年12月以降、発展改革委員会に寄せられていた。これを受け同委員会が調査を行ったところ、関連企業から自発的に液晶パネルの価格操作に関する報告があった。確認の結果、これら6社のメーカーは2001年から2006年にかけ、台湾や韓国で53回にわたり、ほぼ毎月のように会合を開いていたことがわかった。会合は各メーカーが交代で主催し、内容は主に液晶パネルの市場動向についての情報交換、価格の協議などだった。これらのメーカーは中国国内で液晶パネルを販売する際、会合で提示された価格や情報に基づき市場価格を操作し、他の経営者や消費者の合法的権益を損なった。

6社のメーカーが中国大陸内で販売した液晶パネルは計514万6200枚に上り、違法に獲得した金額は約2億800万元に上った。同委員会はこれらのメーカーに対し、総額3億5300万元の制裁金(不当な利得の返還が1億7200万元、没収が3675万元、罰金が1億4400万元)を科した。

発展改革委員会の責任者によると、今回の価格カルテル行為が発生したのは2001年から2006年にかけてであり、当時は中国の「独占禁止法」が施行されていなかったため、法の不遡及の原則に基づき、同委員会は価格法に基づき処罰を行ったという。

会合を通じて市場価格を決定するという6社の行為は典型的な価格カルテル行為であり、多くの国と地域が厳格な処罰を与えている。米国やEUに比べると中国の処罰は軽い。上述の責任者は、「米国やEUの処罰はメーカーの販売額を基準とするため、罰金額が大きくなる。中国は価格法に基づいて処罰を行ったため、罰金額は不当な利得が基準となる。また、パネルメーカーはいずれも自首したために、処罰が軽減された」とする。(編集SN)

「人民網日本語版」2013年1月6日

 

Posted in sony 液晶パネル, 液晶パネル | Leave a comment

軽量かつバッテリー駆動時間の長いモバイルノートパソコンを比較

ここでは、各パソコンのバッテリー駆動時間重量を一覧で表に掲載します。

さらに、1kgあたりのバッテリー駆動時間(バッテリー駆動時間[h]÷重量[kg])も表に掲載しています。この数値が大きいほど、軽量でなお且つバッテリー駆動時間の長いパソコンと言えます。

また、視覚的に分かりやすいように、「バッテリー駆動時間 対 重量」のグラフも掲載します。

 

表およびグラフの注意点
(1)CPUが高性能であるほど、バッテリーを消費します。Core i3→Core i5→Core i7と性能が良くなるごとに、経験上、約1~2割はバッテリー駆動時間が減っていきます。今回はCore i5を基準にし、Core i3を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「-」、Core i7を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「+」を記載しています。

(2)液晶ディスプレイのサイズが大きく高解像度であるほど、バッテリーを消費します。そのため液晶ディスプレイのサイズと大きさも表に記載しています。複数の液晶を選択できるPCもあり、他の液晶の場合、バッテリー駆動時間は変わってきますのでご注意ください。

(3)バッテリー駆動時間は、メーカー公表値ではなく、PCMark 8(Home accelerated)のバッテリーライフテストで計測した値です(当サイト調べ)。このテストでは、バッテリー駆動中、現実環境に近い処理が実行されます。具体的には、ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどが実行されます。やや厳しめ(低め)の数値になるため、「ローカルディスクに保存した動画の再生のみ」、「Web閲覧のみ」といった使い方の場合は、もう少し駆動時間が長くなると思います。

(4)バッテリー駆動テスト時の画面輝度は、120cd/m2にしています。

(5)重量は、メーカー公表値ではなく、当サイトでの実測値です。搭載されるパーツによってやや重量が変わります。

タッチパネルなしモデル

まずは、タッチパネルを搭載していないパソコンの「バッテリー駆動時間」、「重量」、「1kgあたりのバッテリー駆動時間」の値を下の表に掲載します。「1kgあたりのバッテリー駆動時間」が長い順に上から掲載しています。

上にも書きましたが、バッテリー駆動時間、重量は当サイトでの実測値です。PCスペック、環境、計測方法によって値は異なりますのでご注意ください。また、赤字は第6世代インテルCPU搭載パソコンです。

 

タッチパネルなしのモバイルノートPCの比較
製品名 1kgあたりの
バッテリー
駆動時間
バッテリー
駆動時間 ※1
重量 CPU 液晶
パナソニック レッツノート SZ5 バッテリー(L) 7.61+ 7.80時間+ 1.025kg Core i7-6500U 12.1型、1920×1200
富士通 LIFEBOOK WS1/W 6セルバッテリー 5.98 8.00時間 1.339kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X260 72Whリアバッテリー 5.96 9.55時間 1.603kg Core i5-6200U 12.5型、1366×768
パナソニック レッツノート SZ5 バッテリー(S) 5.63+ 5.20時間+ 0.928kg Core i7-6500U 12.1型、1920×1200
パナソニック レッツノート LX3 バッテリー(L) 5.56 8.03時間 1.445kg Core i5-4200U 14.0型、1600×900
東芝 dynabook R63 HD液晶 2015年夏モデル 5.53- 6.52時間- 1.178kg Core i3-5005U 13.3型、1366×768
VAIO S11 5.17 4.80時間 0.929kg Core i5-6200U 11.6型、1920×1080
東芝 dynabook VB73 / VZ73 5.12+ 5.53時間+ 1.081kg Core i7-5500U 13.3型、1920×1080
デル New XPS 13 4.57 5.50時間 1.204kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
VAIO Z クラムシェルモデル 4.44+ 5.13時間+ 1.156kg Core i7-6567U 13.3型、1920×1080
NEC LaVie Direct HZ WQHD,大容量バッテリー 4.40+ 3.73時間+ 0.848kg Core i7-5500U 13.3型、2560×1440
富士通 LIFEBOOK WS1/W 4セルバッテリー 4.17 5.23時間 1.253kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X1 Carbon 2015 4.02 5.25時間 1.307kg Core i5-5200U 14.0型、1920×1080
VAIO S13 3.88 3.88時間 1.000kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X260 23.2Whリアバッテリー 3.34 4.77時間 1.427kg Core i5-6200U 12.5型、1366×768
パナソニック レッツノート LX3 バッテリー(S) 3.12 4.08時間 1.308kg Core i5-4200U 14.0型、1600×900
マイクロソフト Surface Book 3.12 4.92時間+ 1.579kg Core i7-6600U 13.5型、3000×2000
エプソンダイレクト Endeavor NA512E 3.08 3.78時間 1.228kg Core i5-6200U 13.3型、1366×768
NEC LaVie Direct HZ WQHD,標準バッテリー 3.04+ 2.38時間+ 0.782kg Core i7-5500U 13.3型、2560×1440
東芝 dynabook R93 2.60 3.65時間 1.404kg Core i7-4710MQ 13.3型、1920×1080
「+」・・・Core i5-○○○○Uを選択した場合には、1割くらい数値が良くなることが予想されます。
「-」・・・Core i5-○○○○Uを選択した場合には、1割くらい数値が悪くなることが予想されます。
※1 バッテリー駆動時間 ・・・ PCMark 8(Home accelerated)のバッテリーライフテスト実行時のバッテリー駆動時間

 

「1kgあたりの バッテリー 駆動時間」の高いパソコンは、オプションの大容量バッテリーを搭載した機種が多いです。バッテリー駆動時間重視ならおすすめですが、ややバッテリー部分が出っ張っていたり、重量がやや重めだったりといった機種が多いです。

当サイトで計測した中で、最も優秀だったのがレッツノート SZです。光学ドライブを搭載しながら重量が約1kgで、バッテリー駆動時間もかなり長いです。ボディがやや厚く、バッテリー部分も出っ張っていますが、それを気にしなければおすすめです。SIMフリー対応モデルもあります。

VAIO S11はバッテリー駆動時間は普通ですが、重量が非常に軽いです。コンパクトでカバンにも入れやすいです。こちらもSIMフリー対応モデルがあります。

デル New XPS 13東芝 dynabook VB73(現行モデルはVZ73)は、バッテリー駆動時間も長く、比較的軽量でバランスが良いです。さらに薄型でデザインも良いため、おすすめです。

レノボ ThinkPad X1 Carbon 2015は、14型と画面が大きく頑丈なボディでありながら、「1kgあたりのバッテリー駆動時間」の数値が比較的良いです。近々、第6世代インテルCore i プロセッサー搭載モデルが発売されると思います。

下図は、「バッテリー駆動時間 対 重量」のグラフです。右下にあればあるほど、優秀なパソコンと言えます。

Posted in dell バッテリー, fujitsu バッテリー, lenovo バッテリー, nec バッテリー, nec 液晶パネル, panasonic バッテリー, sony バッテリー, sony 液晶パネル, thinkpad 電池, toshiba バッテリー, Vostro バッテリー, バッテリー, バッテリーの寿命, バッテリー関連情報, 富士通 fmv lifebook | Tagged | Leave a comment

バッテリーいたわり充電モード

「バッテリーいたわり充電モード」を使ってノートパソコンのバッテリーの寿命を延ばそう!

バッテリーは、充電量を低く設定する(100%までフル充電しない)ことにより、寿命を長く保つことができます。「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」を利用して、お使いのバッテリーの寿命を延ばしましょう!

お使いのノートパソコンによっては、この機能が搭載されていない場合があります。あらかじめご了承ください。

バッテリーの寿命をより長く保つには

バッテリーは、長く使っていると少しずつもち時間(駆動時間)が減っていきます。 おおよその目安として、毎日充放電を繰り返し使用すると、2年ほどでバッテリーの駆動時間が購入時の約半分になります。

  • * バッテリーの寿命は環境温度、使用状況や使用頻度によって変化します。 上記はあくまでも目安であり、バッテリーの寿命を保証するものではありません。

以下の点に気をつけることで、バッテリーの寿命をより長く持たせることができます。

  1. 充電量を低く保つ(100%までフル充電しない)
  2. バッテリーパックやパソコンを、高温の環境下に放置しない
  3. パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす

充電量を低く保つ方法 ~「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」~

バッテリーを100%フル充電した状態を維持し続けると、バッテリーが劣化し、寿命が短くなってしまいます。バッテリーの寿命を延ばし、かつ駆動時間をある程度確保するのに最適なのが、充電量を”80%程度”に保つことです。

一部のモデルを除く、2006年12月以降発売のVAIOには、バッテリーの最大充電量を設定できる「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」が備わっています。この機能を上手に利用して、お使いのバッテリーを長く使いましょう!

  • * お使いのVAIOによって、「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」と表示されます。

「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」で設定できる充電量

  • いたわり充電モード(80%)
    バッテリー充電を80%までに抑制し、バッテリー寿命を長く保ちます。バッテリー駆動でのご使用が多い方におすすめです。

    • ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    • いたわり充電モード(50%)/超いたわり充電モード
      バッテリー充電を50%までに抑制し、バッテリー寿命をさらに長く保ちます。ACアダプターでの使用が多い方におすすめします。

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    設定方法

    「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」の設定方法をご説明します。

    • * Windows 7の画面でご説明します。
    ご注意
    ここではバッテリーの寿命を長く保つことを最優先する場合の設定方法をご紹介しています。
    100%フル充電されないため、フル充電時に比べてバッテリーの駆動時間は短くなります。

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    バッテリーの駆動時間を長くしたい方は、以下のページをご参照ください。

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    2. [VAIOの設定]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp
    3. [VAIOの設定]画面が表示されるので、[電源・バッテリー]をクリックし、[バッテリー]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

       

    4. [バッテリー]画面に切り替わるので、[いたわり充電モードを有効にする]にチェックをいれます。

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

       

    5. [詳細設定]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    6. [バッテリーいたわり充電モード]画面が表示されるので、お好みの設定(80%または50%)を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    7. [バッテリー]画面に戻るので、[OK]ボタンをクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    以上で、「バッテリーいたわり充電モード」の設定は完了です。

Posted in ノートPCバッテリー | Tagged , , | Leave a comment