液晶パネルの交換

 息子がやってくれました。ケーブルを引っかけて机の上から落としたそうです。写真のようにノートPC(ソニー VAIO PCG-QR1E/BP)の液晶が見るも無惨な姿に・・・。外部モニタを繋いでみると、ちゃんと写るので液晶パネル以外は正常のようです。でも 修理となると、保証期間は過ぎているのでメーカーに出せばかなりの出費になりそう。なにしろノートPCの中で液晶が一番高い部品のようで、修理代は7~8 万になるとか?・・・それだけ出せばオークションで同じPCが買えるじゃん!

もうこれは何とか液晶パネルを入手し、自分で交換するしかないと思い、入手方法をネットで検索しましたが、同一型番の新品の入手は難しそうで、入手でき たとしても高いものになりそうです。残るは中古やジャンクPCからの移植ですが、互換性が気になるところ。一応市場調査と言うことでインターネットオーク ションを調べたところ、同じ13.3インチ液晶の新品が出ているでは!しかも説明ではVAIO対応らしい。写真を見ても液晶パネルのコネクタ位置や形状、 ピンの数も合っている!ということで12,500円で落札してしまいました。

オークションで手に入れた13.3インチXGA液晶パネル(下)と、破損した液晶パネル(上)。

 パネル裏面を見てもVAIOのSHARP製パネル(上)と、入手したサムスン製パネル(下)は似ています。コネクタ位置も同じだし、20ピンコネクタだし。
あれ?でもなんか変?とてもイヤな予感が・・・

がーん!ピンの数は同じでもサイズが違うじゃん!

1.コネクタの形状だけの違いでピンアサインは同じなのか?
2.インターフェースは同じでピンアサインのみ違うのか?
3.インターフェースそのものが違うのか?

3だとしたらアウト。1や2であれば変換コネクタで対応できそう。ということでインターフェースを調査することに。

 液晶のインターフェースをネットで調べたところ、ノートパソコンに使われているのは LVDS(Low Voltage Differential Signaling)というインターフェースが主流らしい。低消費電力、高速伝送、低いノイズ発生、高いノイズ除去性能がウリだそうです。サムスン(右) のコネクタに近い石を見ると確かにLVDSと書いてあります。SHARPの方は石には書いてありませんがデータ線として使用されているピンはサムスンと全 く同じ。テスターで調べたら、GNDやNCのピンも同じでした。両者の違いは単にコネクタの形状だけの違いと確信し、変換コネクタを自作することに決めま した。

破損したSHARP製LCDパネルのコネクタ部分をはさみで切り取ります。

 使用している4組の制御信号線とVCC、GNDの計10本をサムスン製基板にハンダ付けします。

 元どおりコネクタをはめてバックライトのインバータもセットして完成です。

動作確認も無事終了。サムスン製LCDもSHARP製に劣らず綺麗です。
一時はかなりの出費を覚悟していたのですが、最小限に抑えて復活させることができました。

About battguide

ノートPCバッテリー超激安ノートPCバッテリー >> 新品互換ノートPCバッテリー、安心1年保障。PCバッテリー、デジタルカメラ バッテリー、 過放電及び過充電防止回路付、 送料無料。 弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。
This entry was posted in 液晶パネル and tagged , , , . Bookmark the permalink.