How to Do Keyword Research for SEO: A Beginner’s Guide

I am the SEO of laptopbattery.jp. I must keep on learning more SEO knowledges. This is my first SEO log. Welcome to learn with me together.


高品質TOSHIBA東芝 ER3 リチウム電池
TOSHIBA東芝 ER3 リチウム電池 NP8P-BT MAXELL ER3 3.6V 1/2AA
3,400円(送料込)

PANASONICパナソニック BR-CCF2TH リチウム電池
PANASONICパナソニック BR-CCF2TH リチウム電池6V PLC Lithium battery
3,700円

2 x TOSHIBA東芝 ER6VC119A リチウム電池
2 x TOSHIBA東芝 ER6VC119A リチウム電池3.6V 2000mAh
5,600円

 

While Google keeps us on our toes with all the algorithm updates they keep rollin’ out, one thing has stayed pretty consistent for inbound marketers looking to optimize their websites for search: keyword research.

Well, the need to do keyword research has stayed the same. How you actually do it hasn’t.

What Is Keyword Research?

Keyword research is the process of finding and analyzing search terms that people enter into search engines with the goal of using that data for a specific purpose, often for search engine optimization (SEO) or general marketing. Keyword research can uncover queries to target, the popularity of theses queries, their ranking difficulty, and more.

More and more, we hear how much SEO has evolved over just the last 10 years, and how unimportant keywords themselves have become to our ability to rank well for the searches people make every day.

And to some extent, this is true; using keywords that exactly match a person’s search is no longer the most important ranking factor in the eyes of an SEO professional. Rather, it’s the intent behind that keyword, and whether or not a piece of content solves for that intent (we’ll talk more about intent in just a minute).

But that doesn’t mean keyword research is an outdated process. Let me explain:

Keyword research tells you what topics people care about and, assuming you use the right SEO tool, how popular those topics actually are among your audience. The operative term here is topics — by researching keywords that are getting a high volume of searches per month, you can identify and sort your content into topics that you want to create content on. Then, you can use these topics to dictate which keywords you look for and target.

By researching keywords for their popularity, search volume, and general intent, you can tackle the questions that the most people in your audience want answers to.

How to Research Keywords for Your SEO Strategy

I’m going to lay out a keyword research process you can follow to help you come up with a list of terms you should be targeting. That way, you’ll be able to establish and execute a strong keyword strategy that helps you get found for the search terms you actually care about.

Step 1: Make a list of important, relevant topics based on what you know about your business.

To kick off this process, think about the topics you want to rank for in terms of generic buckets. You’ll come up with about 5-10 topic buckets you think are important to your business, and then you’ll use those topic buckets to help come up with some specific keywords later in the process.

If you’re a regular blogger, these are probably the topics you blog about most frequently. Or perhaps they’re the topics that come up the most in sales conversations. Put yourself in the shoes of your buyer personas — what types of topics would your target audience search that you’d want your business to get found for? If you were a company like HubSpot, for example — selling marketing software (which happens to have some awesome SEO tools… but I digress), you might have general topic buckets like:

  • “inbound marketing” (21K)
  • “blogging” (19K)
  • “email marketing” (30K)
  • “lead generation” (17K)
  • “SEO” (214K)
  • “social media marketing” (71K)
  • “marketing analytics” (6.2K)
  • “marketing automation” (8.5K)

See those numbers in parentheses to the right of each keyword? That’s their monthly search volume. This data allows you to gauge how important these topics are to your audience, and how many different sub-topics you might need to create content on to be successful with that keyword. To learn more about these sub-topics, we move onto step 2 …

Step 2: Fill in those topic buckets with keywords.

Now that you have a few topic buckets you want to focus on, it’s time to identify some keywords that fall into those buckets. These are keyword phrases you think are important to rank for in the SERPs (search engine results pages) because your target customer is probably conducting searches for those specific terms.

For instance, if I took that last topic bucket for an inbound marketing software company — “marketing automation” — I’d brainstorm some keyword phrases that I think people would type in related to that topic. Those might include:

  • marketing automation tools
  • how to use marketing automation software
  • what is marketing automation?
  • how to tell if I need marketing automation software
  • lead nurturing
  • email marketing automation
  • top automation tools

And so on and so on. The point of this step isn’t to come up with your final list of keyword phrases. You just want to end up with a brain dump of phrases you think potential customers might use to search for content related to that particular topic bucket. We’ll narrow the lists down later in the process so you don’t have something too unwieldy.

Although more and more keywords are getting encrypted by Google every day, another smart way to come up with keyword ideas is to figure out which keywords your website is already getting found for. To do this, you’ll need website analytics software like Google Analytics or HubSpot’s Sources report, available in the Traffic Analytics tool. Drill down into your website’s traffic sources, and sift through your organic search traffic bucket to identify the keywords people are using to arrive at your site.

Repeat this exercise for as many topic buckets as you have. And remember, if you’re having trouble coming up with relevant search terms, you can always head on over to your customer-facing colleagues — those who are in Sales or Service — and ask them what types of terms their prospects and customers use, or common questions they have. Those are often great starting points for keyword research.

Featured Resource: Search Insights Report Template

search insights report

Download the Template

Here at HubSpot, we use the Search Insights Repot in this part of the process. This template is designed to help you do the same and bucket your keywords into topic clusters, analyze MSV, and inform your editorial calendar and strategy.

Step 3: Understand How Intent Affects Keyword Research and Analyze Accordingly.

Like I said in the previous section, user intent is now one of the most pivotal factors in your ability to rank well on search engines like Google. Today, it’s more important that your web page addresses the problem a searcher intended to solve than simply carries the keyword the searcher used. So, how does this affect the keyword research you do?

It’s easy to take keywords for face value, and unfortunately, keywords can have many different meanings beneath the surface. Because the intent behind a search is so important to your ranking potential, you need to be extra-careful how you interpret the keywords you target.

Let’s say, for example, you’re researching the keyword “how to start a blog” for an article you want to create. “Blog” can mean a blog post or the blog website itself, and what a searcher’s intent is behind that keyword will influence the direction of your article. Does the searcher want to learn how to start an individual blog post? Or do they want to know how to actually launch a website domain for the purposes of blogging? If your content strategy is only targeting people interested in the latter, you’ll need to make sure of the keyword’s intent before committing to it.

To verify what a user’s intent is in a keyword, it’s a good idea to simply enter this keyword into a search engine yourself, and see what types of results come up. Make sure the type of content Google is closely related to what you’d intend to create for the keyword.

Step 4: Research related search terms.

This is a creative step you may have already thought of when doing keyword research. If not, it’s a great way to fill out those lists.

If you’re struggling to think of more keywords people might be searching about a specific topic, take a look at the related search terms that appear when you plug in a keyword into Google. When you type in your phrase and scroll to the bottom of Google’s results, you’ll notice some suggestions for searches related to your original input. These keywords can spark ideas for other keywords you may want to take into consideration.

Related searches at the bottom of Google SERP that reads "searches related to cute puppies" along with keyword suggestions
Want a bonus? Type in some of those related search terms and look at their related search terms.

Step 5: Use keyword research tools to your advantage.

Keyword research and SEO tools such as Ahrefs, SEMrush, and Ubersuggest can help you come up with more keyword ideas based on exact match keywords and phrase match keywords based on the ideas you’ve generated up to this point. This exercise might give you alternatives that you might not have considered.

Fill out the form to access your kit.

How to Find and Choose Keywords for Your Website

Once you have an idea of the keywords that you want to rank for, now it’s time to refine your list based on the best ones for your strategy. Here’s how:

Step 1. Understand the three main factors for choosing good keywords.

Before choosing keywords and expecting your content to rank for them, you must curate keywords for three things:

1. Relevance

Google ranks content for relevance. This is where the concept of search intent comes in. Your content will only rank for a keyword if it meets the searchers’ needs. In addition, your content must be the best resource out there for the query. After all, why would Google rank your content higher if it provides less value than other content that exists on the web?

2. Authority

Google will provide more weight to sources it deems authoritative. That means you must do all you can to become an authoritative source by enriching your site with helpful, information content and promoting that content to earn social signals and backlinks. If you’re not seen as authoritative in the space, or if a keyword’s SERPs are loaded with heavy sources you can’t compete with (like Forbes or The Mayo Clinic), you have a lower chance of ranking unless your content is exceptional.

3. Volume

You may end up ranking on the first page for a specific keyword, but if no one ever searches for it, it will not result in traffic to your site. Kind of like setting up shop in a ghost town.

Volume is measured by MSV (monthly search volume), which means the number of times the keyword is searched per month across all audiences.

Step 2: Check for a mix of head terms and long-tail keywords in each bucket.

If you don’t know the difference between head terms and long-tail keywords, let me explain. Head terms are keywords phrases that are generally shorter and more generic — they’re typically just one to three words in length, depending on who you talk to. Long-tail keywords, on the other hand, are longer keyword phrases usually containing three or more words.

It’s important to check that you have a mix of head terms and long-tail terms because it’ll give you a keyword strategy that’s well balanced with long-term goals and short-term wins. That’s because head terms are generally searched more frequently, making them often (not always, but often) much more competitive and harder to rank for than long-tail terms. Think about it: Without even looking up search volume or difficulty, which of the following terms do you think would be harder to rank for?

  1. how to write a great blog post
  2. blogging

If you answered #2, you’re absolutely right. But don’t get discouraged. While head terms generally boast the most search volume (meaning greater potential to send you traffic), frankly, the traffic you’ll get from the term “how to write a great blog post” is usually more desirable.

Why?

Because someone who is looking for something that specific is probably a much more qualified searcher for your product or service (presuming you’re in the blogging space) than someone looking for something really generic. And because long-tail keywords tend to be more specific, it’s usually easier to tell what people who search for those keywords are really looking for. Someone searching for the head term “blogging,” on the other hand, could be searching it for a whole host of reasons unrelated to your business.

So check your keyword lists to make sure you have a healthy mix of head terms and long-tail keywords. You definitely want some quick wins that long-tail keywords will afford you, but you should also try to chip away at more difficult head terms over the long haul.

Step 3: See how competitors are ranking for these keywords.

Just because your competitor is doing something doesn’t mean you need to. The same goes for keywords. Just because a keyword is important to your competitor, doesn’t mean it’s important to you. However, understanding what keywords your competitors are trying to rank for is a great way to help you give your list of keywords another evaluation.

If your competitor is ranking for certain keywords that are on your list, too, it definitely makes sense to work on improving your ranking for those. However, don’t ignore the ones your competitors don’t seem to care about. This could be a great opportunity for you to own market share on important terms, too.

Understanding the balance of terms that might be a little more difficult due to competition, versus those terms that are a little more realistic, will help you maintain a similar balance that the mix of long-tail and head terms allows. Remember, the goal is to end up with a list of keywords that provide some quick wins but also helps you make progress toward bigger, more challenging SEO goals.

How do you figure out what keywords your competitors are ranking for, you ask? Aside from manually searching for keywords in an incognito browser and seeing what positions your competitors are in, Ahrefs allows you to run a number of free reports that show you the top keywords for the domain you enter. This is a quick way to get a sense of the types of terms your competitors are ranking for.

Step 4: Use Google’s Keyword Planner to cut down your keyword list.

Now that you’ve got the right mix of keywords, it’s time to narrow down your lists with some more quantitative data. You have a lot of tools at your disposal to do this, but let me share my favorite methodology.

I like to use a mix of the Google’s Keyword Planner (you’ll need to set up an Ads account for this, but you can turn your example ad off before you pay any money), and Google Trends.

In Keyword Planner, you can get search volume and traffic estimates for keywords you’re considering. Then, take the information you learn from Keyword Planner and use Google Trends to fill in some blanks.

Use the Keyword Planner to flag any terms on your list that have way too little (or way too much) search volume, and don’t help you maintain a healthy mix like we talked about above. But before you delete anything, check out their trend history and projections in Google Trends. You can see whether, say, some low-volume terms might actually be something you should invest in now — and reap the benefits for later.

Or perhaps you’re just looking at a list of terms that is way too unwieldy, and you have to narrow it down somehow … Google Trends can help you determine which terms are trending upward, and are thus worth more of your focus.

Best Keywords for SEO

Understand that there’s no “best” keywords, just those that are highly searched by your audience. With this in mind, it’s up to you to craft a strategy that will help you rank pages and drive traffic.

The best keywords for your SEO strategy will take into account relevance, authority, and volume. You want to find highly searched keywords that you can reasonably compete for based on:

  1. The level of competition you’re up against.
  2. Your ability to produce content that exceeds in quality what’s currently ranking.

And … You’re done!

Congratulations! You’ve now got a list of keywords that’ll help you focus on the right topics for your business, and get you some short-term and long-term gains.

Be sure to re-evaluate these keywords every few months — once a quarter is a good benchmark, but some businesses like to do it even more often than that. As you gain even more authority in the SERPs, you’ll find that you can add more and more keywords to your lists to tackle as you work on maintaining your current presence, and then growing in new areas on top of that.

 

Posted in SEO logs | Tagged , , | Leave a comment

軽量かつバッテリー駆動時間の長いモバイルノートパソコンを比較

ここでは、各パソコンのバッテリー駆動時間重量を一覧で表に掲載します。

さらに、1kgあたりのバッテリー駆動時間(バッテリー駆動時間[h]÷重量[kg])も表に掲載しています。この数値が大きいほど、軽量でなお且つバッテリー駆動時間の長いパソコンと言えます。

また、視覚的に分かりやすいように、「バッテリー駆動時間 対 重量」のグラフも掲載します。

 

表およびグラフの注意点
(1)CPUが高性能であるほど、バッテリーを消費します。Core i3→Core i5→Core i7と性能が良くなるごとに、経験上、約1~2割はバッテリー駆動時間が減っていきます。今回はCore i5を基準にし、Core i3を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「-」、Core i7を搭載したPCのバッテリー駆動時間には「+」を記載しています。

(2)液晶ディスプレイのサイズが大きく高解像度であるほど、バッテリーを消費します。そのため液晶ディスプレイのサイズと大きさも表に記載しています。複数の液晶を選択できるPCもあり、他の液晶の場合、バッテリー駆動時間は変わってきますのでご注意ください。

(3)バッテリー駆動時間は、メーカー公表値ではなく、PCMark 8(Home accelerated)のバッテリーライフテストで計測した値です(当サイト調べ)。このテストでは、バッテリー駆動中、現実環境に近い処理が実行されます。具体的には、ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどが実行されます。やや厳しめ(低め)の数値になるため、「ローカルディスクに保存した動画の再生のみ」、「Web閲覧のみ」といった使い方の場合は、もう少し駆動時間が長くなると思います。

(4)バッテリー駆動テスト時の画面輝度は、120cd/m2にしています。

(5)重量は、メーカー公表値ではなく、当サイトでの実測値です。搭載されるパーツによってやや重量が変わります。

タッチパネルなしモデル

まずは、タッチパネルを搭載していないパソコンの「バッテリー駆動時間」、「重量」、「1kgあたりのバッテリー駆動時間」の値を下の表に掲載します。「1kgあたりのバッテリー駆動時間」が長い順に上から掲載しています。

上にも書きましたが、バッテリー駆動時間、重量は当サイトでの実測値です。PCスペック、環境、計測方法によって値は異なりますのでご注意ください。また、赤字は第6世代インテルCPU搭載パソコンです。

 

タッチパネルなしのモバイルノートPCの比較
製品名 1kgあたりの
バッテリー
駆動時間
バッテリー
駆動時間 ※1
重量 CPU 液晶
パナソニック レッツノート SZ5 バッテリー(L) 7.61+ 7.80時間+ 1.025kg Core i7-6500U 12.1型、1920×1200
富士通 LIFEBOOK WS1/W 6セルバッテリー 5.98 8.00時間 1.339kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X260 72Whリアバッテリー 5.96 9.55時間 1.603kg Core i5-6200U 12.5型、1366×768
パナソニック レッツノート SZ5 バッテリー(S) 5.63+ 5.20時間+ 0.928kg Core i7-6500U 12.1型、1920×1200
パナソニック レッツノート LX3 バッテリー(L) 5.56 8.03時間 1.445kg Core i5-4200U 14.0型、1600×900
東芝 dynabook R63 HD液晶 2015年夏モデル 5.53- 6.52時間- 1.178kg Core i3-5005U 13.3型、1366×768
VAIO S11 5.17 4.80時間 0.929kg Core i5-6200U 11.6型、1920×1080
東芝 dynabook VB73 / VZ73 5.12+ 5.53時間+ 1.081kg Core i7-5500U 13.3型、1920×1080
デル New XPS 13 4.57 5.50時間 1.204kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
VAIO Z クラムシェルモデル 4.44+ 5.13時間+ 1.156kg Core i7-6567U 13.3型、1920×1080
NEC LaVie Direct HZ WQHD,大容量バッテリー 4.40+ 3.73時間+ 0.848kg Core i7-5500U 13.3型、2560×1440
富士通 LIFEBOOK WS1/W 4セルバッテリー 4.17 5.23時間 1.253kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X1 Carbon 2015 4.02 5.25時間 1.307kg Core i5-5200U 14.0型、1920×1080
VAIO S13 3.88 3.88時間 1.000kg Core i5-6200U 13.3型、1920×1080
レノボ ThinkPad X260 23.2Whリアバッテリー 3.34 4.77時間 1.427kg Core i5-6200U 12.5型、1366×768
パナソニック レッツノート LX3 バッテリー(S) 3.12 4.08時間 1.308kg Core i5-4200U 14.0型、1600×900
マイクロソフト Surface Book 3.12 4.92時間+ 1.579kg Core i7-6600U 13.5型、3000×2000
エプソンダイレクト Endeavor NA512E 3.08 3.78時間 1.228kg Core i5-6200U 13.3型、1366×768
NEC LaVie Direct HZ WQHD,標準バッテリー 3.04+ 2.38時間+ 0.782kg Core i7-5500U 13.3型、2560×1440
東芝 dynabook R93 2.60 3.65時間 1.404kg Core i7-4710MQ 13.3型、1920×1080
「+」・・・Core i5-○○○○Uを選択した場合には、1割くらい数値が良くなることが予想されます。
「-」・・・Core i5-○○○○Uを選択した場合には、1割くらい数値が悪くなることが予想されます。
※1 バッテリー駆動時間 ・・・ PCMark 8(Home accelerated)のバッテリーライフテスト実行時のバッテリー駆動時間

 

「1kgあたりの バッテリー 駆動時間」の高いパソコンは、オプションの大容量バッテリーを搭載した機種が多いです。バッテリー駆動時間重視ならおすすめですが、ややバッテリー部分が出っ張っていたり、重量がやや重めだったりといった機種が多いです。

当サイトで計測した中で、最も優秀だったのがレッツノート SZです。光学ドライブを搭載しながら重量が約1kgで、バッテリー駆動時間もかなり長いです。ボディがやや厚く、バッテリー部分も出っ張っていますが、それを気にしなければおすすめです。SIMフリー対応モデルもあります。

VAIO S11はバッテリー駆動時間は普通ですが、重量が非常に軽いです。コンパクトでカバンにも入れやすいです。こちらもSIMフリー対応モデルがあります。

デル New XPS 13東芝 dynabook VB73(現行モデルはVZ73)は、バッテリー駆動時間も長く、比較的軽量でバランスが良いです。さらに薄型でデザインも良いため、おすすめです。

レノボ ThinkPad X1 Carbon 2015は、14型と画面が大きく頑丈なボディでありながら、「1kgあたりのバッテリー駆動時間」の数値が比較的良いです。近々、第6世代インテルCore i プロセッサー搭載モデルが発売されると思います。

下図は、「バッテリー駆動時間 対 重量」のグラフです。右下にあればあるほど、優秀なパソコンと言えます。

Posted in dell バッテリー, fujitsu バッテリー, lenovo バッテリー, nec バッテリー, nec 液晶パネル, panasonic バッテリー, sony バッテリー, sony 液晶パネル, thinkpad 電池, toshiba バッテリー, Vostro バッテリー, バッテリー, バッテリーの寿命, バッテリー関連情報, 富士通 fmv lifebook | Tagged | Leave a comment

バッテリーいたわり充電モード

「バッテリーいたわり充電モード」を使ってノートパソコンのバッテリーの寿命を延ばそう!

バッテリーは、充電量を低く設定する(100%までフル充電しない)ことにより、寿命を長く保つことができます。「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」を利用して、お使いのバッテリーの寿命を延ばしましょう!

お使いのノートパソコンによっては、この機能が搭載されていない場合があります。あらかじめご了承ください。

バッテリーの寿命をより長く保つには

バッテリーは、長く使っていると少しずつもち時間(駆動時間)が減っていきます。 おおよその目安として、毎日充放電を繰り返し使用すると、2年ほどでバッテリーの駆動時間が購入時の約半分になります。

  • * バッテリーの寿命は環境温度、使用状況や使用頻度によって変化します。 上記はあくまでも目安であり、バッテリーの寿命を保証するものではありません。

以下の点に気をつけることで、バッテリーの寿命をより長く持たせることができます。

  1. 充電量を低く保つ(100%までフル充電しない)
  2. バッテリーパックやパソコンを、高温の環境下に放置しない
  3. パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす

充電量を低く保つ方法 ~「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」~

バッテリーを100%フル充電した状態を維持し続けると、バッテリーが劣化し、寿命が短くなってしまいます。バッテリーの寿命を延ばし、かつ駆動時間をある程度確保するのに最適なのが、充電量を”80%程度”に保つことです。

一部のモデルを除く、2006年12月以降発売のVAIOには、バッテリーの最大充電量を設定できる「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」が備わっています。この機能を上手に利用して、お使いのバッテリーを長く使いましょう!

  • * お使いのVAIOによって、「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」と表示されます。

「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」で設定できる充電量

  • いたわり充電モード(80%)
    バッテリー充電を80%までに抑制し、バッテリー寿命を長く保ちます。バッテリー駆動でのご使用が多い方におすすめです。

    • ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    • いたわり充電モード(50%)/超いたわり充電モード
      バッテリー充電を50%までに抑制し、バッテリー寿命をさらに長く保ちます。ACアダプターでの使用が多い方におすすめします。

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    設定方法

    「バッテリーいたわり充電モード」または「充電モード」の設定方法をご説明します。

    • * Windows 7の画面でご説明します。
    ご注意
    ここではバッテリーの寿命を長く保つことを最優先する場合の設定方法をご紹介しています。
    100%フル充電されないため、フル充電時に比べてバッテリーの駆動時間は短くなります。

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    バッテリーの駆動時間を長くしたい方は、以下のページをご参照ください。

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    2. [VAIOの設定]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp
    3. [VAIOの設定]画面が表示されるので、[電源・バッテリー]をクリックし、[バッテリー]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

       

    4. [バッテリー]画面に切り替わるので、[いたわり充電モードを有効にする]にチェックをいれます。

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

       

    5. [詳細設定]をクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    6. [バッテリーいたわり充電モード]画面が表示されるので、お好みの設定(80%または50%)を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    7. [バッテリー]画面に戻るので、[OK]ボタンをクリックします。
      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

      ノートPCバッテリー専門店 laptopbattery.jp

    以上で、「バッテリーいたわり充電モード」の設定は完了です。

Posted in ノートPCバッテリー | Tagged , , | Leave a comment

塩化チオニルリチウム電池

塩化チオニルリチウム(li-socl2)電池は高エネルギー密度があり、公称電圧3.6V、低電流放電にはボビン構造、大電流放電には螺旋構造の最適設計です。

原理と化学反応:
li-socl2電池の正極活物質液体塩化チオニル(socl 2)負極活物質中のリチウム(li)電池の反応式を以下に示します。

陽極:2SOCl2 + 4Li+ + 4e- →4LiCl + S + SO2
負極: Li → Li+ + e-
全体:2SOCl2+4Li → 4LiCl+ S + SO2

 

代替可能な他社品番

tadiran:tl-5902、tl-2150、tl-5151、tl-4902、tl-5903、tl-2100、
tl-4903、tl-5104、tl-5920、tl-4920、tl-2200、tl-5930

saft:ls14250、ls14250c、lst14250ls14500、lst14500、ls14500c、ls26500、lsh20 lsh14ls33600、sl-350 sl-750 s、s、sl-150 sl-360 s / s、sl-760 s
sl-770 sl-560。
tekcell:sb-aa02、sb-aa11、sb-c02、sb-d01 sb-d02、sw-d02。
東芝:er3v p er6v、er6lv
Xeno:xl-050f、xl-060f、xl-140f、xl-145f xl-200f、xl-205f。

 

エネルギータイプ アプリケーション:
医療機器、レジスター追跡用発信器スマートメーター(水道・ガスメーター)カーナビ

警報システム

ハイパワータイプ アプリケーション:
電子式メータ用途(電気、水道、ガス)OA機器や工場のメモリバックアップ用電源自動化設備電子製品の主なメモリ予備電源

様々なメモリバックアップ電源

高温タイプ アプリケーション:
電子式メータ用途(電気、水道、ガス)OA機器や工場のメモリバックアップ用電源自動化設備電子製品の主なメモリ予備電源

様々なメモリバックアップ電源

Posted in plc バッテリー | Tagged , , , , , , | Leave a comment

電池品番リスト PLC(プログラマブルコントローラ)補修用電池品番

電池品番リスト PLC(プログラマブルコントローラ)補修用電池品番

PLCプログラマブルコントローラ)補修用電池品番

弊社PLC
機種名
弊社PLC
代表品番
弊社補修用電池
ご注文品番
市販メーカ
型番
備考 本体
生産
中止
電池
生産
中止
PL16 APL10** 搭載無し ×
PL20 APL23** 交換不可 リチウム電池 直はんだ付け × ×
PL40 APL43** APL4801 リチウム電池 × ×
PL64 APL63** APL4801 リチウム電池 × ×
PL256 APL3*** 市販単三電池 × ×
PLROMライタ APL22** APL4801 リチウム電池 × ×
FA60 CPU AFA12** AFA1802 リチウム電池 コネクタ付き ×
PL24M APL24** AFA1802 リチウム電池 コネクタ付き ×
PL40M APL44** AFA1802 リチウム電池 コネクタ付き ×
PL24MmarkIII APL20** AFA1802 リチウム電池 コネクタ付き ×
PL40MmarkIII APL40** AFA1802 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP-X AFPX-*** AFPX-BATT リチウム電池 コネクタ付き
FP-e AFPE214325
AFPE224305
AFPG804 リチウム電池 コネクタ付き
FPΣ AFPG2*** AFPG804 リチウム電池 コネクタ付き
FP0 AFP02*** 搭載無し EEPROM
FP1-C14 AFP123** 搭載無し EEPROM+ゴールドキャパシタ保持 ×
FP1-C16 AFP121** 搭載無し EEPROM+ゴールドキャパシタ保持 ×
FP1-C24 AFP122** AFP1801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP1-C40 AFP124** AFP1801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP1-C56 AFP125** AFP1801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP1-C72 AFP127** AFP1801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP2 CPU AFP22** AFC8801 CR2450 コイン型リチウム電池
FP2SH AFP223*
AFP225*
AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き
FP2SH
スモールPCカード
AFP2209 AFP2806 BR1225A コイン型リチウム電池
ボードコントローラBX ABXC32T AFC8801 CR2450 コイン型リチウム電池
FP3 AFP32** AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP5 AFP52** AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP10 AFP62** AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP10S AFP6231 AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP10SH AFP62** AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き ×
FP10SH
ICカード
AIC40200/AIC40202
AIC40500/AIC40502
AIC41000/AIC41002
市販電池 BR2325 リチウム電池 ×
AIC31000 市販電池 CR2025 リチウム電池 ×
FP3位置決めF AFP343* AFP8801 リチウム電池 コネクタ付き
FP3 DPU AFP3461 AFP8805 コイン型リチウム電池 コネクタ付き
スケルトンP APL92**
APL91**
交換不可 リチウム電池 直はんだ付け ×
スケルトンF AFA92**
AFA91**
AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
MC-M M1T AFB62**
AFB61**
AFM61**
AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
MC-M M2T AFB52**
AFB51**
AFM51**
AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
MC-M M2R AFB32**
AFB31**
AFM31**
AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
FP-M C16T AFC121** 搭載無し EEPROM+ゴールドキャパシタ保持 ×
FP-M C20T AFC122** AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
FP-M C20R AFC121** AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
FP-M C32T AFC123** AFB8801 BR2032
CR2032
コイン型リチウム電池 ×
FP-C AFC32** AFC8801 CR2450 コイン型リチウム電池 ×
SONYノートPCキーボード
PLCバッテリセットの部品番号により選定する:
Posted in panasonic バッテリー, plc バッテリー | Tagged , , | Leave a comment

テレビをパソコンのモニタとして使えますか?

Q.テレビをパソコンのモニタとして使えますか?

A.パソコンからの出力に対応する端子があれば使うことができます
最近の薄型テレビには、パソコンからの出力を接続できる端子を持ったものが増えています。例えば、テレビ側とパソコン側の双方にHDMIやD-Sub(VGA)端子があれば、そのままケーブルで接続することができます。ただし、パソコン側がDVIでテレビ側がD-Subの場合は注意が必要です。パソコン側のDVIがDVI-Iであれば、変換プラグでD-Subに接続できますが、DVI-Dの場合は専用のコンバーターが必要になります。

Q.ドット抜けとは何ですか?

A モニタの画面上のドットが正常に表示されない状態をいいます
ドット欠けやドット落ち、画素落ち、画素抜けなどともいわれ、何らかの不具合でドットが正常に表示されない状態をいいます。ある程度はやむを得ないものとされ、あらゆるドット抜けについて交換を保証しているメーカーは2014年現在ありません。対応はメーカーにより様々です。例えば、DELLASUSは、一部機種について、輝点(常時点灯ドット)が存在した場合、交換保証対象としています。あらゆるドット抜けを避けたい場合は、一部の販売店が独自に行っている有料交換保証を付け、ドット抜けがない個体が当たるまで交換するぐらいしか方法がありません。

Q.大画面1枚とマルチディスプレイはどちらが良いですか?

A 複数のウィンドウをひらいて作業するかによります
動画鑑賞やゲームなど、1つのアプリケーションだけを使う場合は大画面1画面にするとディスプレイの縁が気にならないでしょう。複数のウィンドウを表示させるのが目的であれば、マルチディスプレイの方が経済的な場合もあります。ワイドディスプレイを縦回転させてマルチにすると、横長の文書を読むときに縁をまたいでウィンドウを配置するか、スクロールして読むかになります。
いずれにせよ、WUXGA(1920×1200)以上のピクセル数が必要であれば、Display Port出力のあるグラフィックカードなどが必要になることが多いです。

大画面1画面の利点

  • ウィンドウを任意の位置に置くことができる。
  • 縁が気にならない

複数画面の利点

  • ウィンドウを最大化しても、その画面内に収まる
  • 3画面、6画面など、大画面ディスプレイよりも広い面積を確保できる。
Posted in 最新情報, 液晶パネル | Tagged , , , | Leave a comment

液晶モニタ・液晶ディスプレイの選び方

laptopbattery.jp ユーザーが編集する液晶モニタ・液晶ディスプレイの選び方のガイドです。液晶モニタ・液晶ディスプレイ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

選び方のポイント

画面サイズ

種類 特徴
モニタサイズ モニタの大きさを表し、「19インチ型」や「22インチワイド型」といった呼び方をします。数値の19インチは、画面の対角線の長さを表しています。なお、1インチは約2.54cmです。
モニタタイプ 16対9のワイド型が主流で、他のタイプは割高です。解像度の縦横比と表示領域の寸法の縦横比とが一致せず、やや横長に歪んで表示されるモニタが若干存在します。そのようなモニタでは、パネルを構成する画素が正方形ではなく、やや横長です。歪みを気にする人は、このようなモニタを避けたほうがよいでしょう。
縁の広さ 縁が極めて狭い「縁なし」モデルもあります。マルチディスプレイ環境で、縁が気になる場合は検討するとよいでしょう。

 

画面仕様

表面処理

パネル表面の処理方法によって、グレア(光沢)ノングレア(非光沢)の2種類があり、画面の見え方が大きく異なります。ノングレアが主流で、グレアの製品はあまりありません。

グレア(光沢) ノングレア(非光沢)

グレア

ノングレア
仕様上でコントラストが同数値のノングレア製品と比較しても、鮮やかでコントラストが高く見えます。それにより、静止画や動画が一見きれいに感じられます。ただし、表面がツヤツヤなため、外部からの映り込みがあります。それにより、ノングレアと比べると目が疲れやすいという面もあります。 外部からの映り込みを少なくするため、乱反射する表面加工を施してあります。それにより、コントラストが地味で画面が白っぽく感じるという面もあります。映り込みを原因とした目の疲れはほとんどなくなります。しかし、数年前までは表面加工の精度が悪いパネルが多く出回っていて、そのギラツキにより疲れるという事例がありました。最近のパネルでは改善され、ギラツキはほとんど問題にされなくなっています。
項目 特徴
解像度 フルHD(1920×1080)が主流で、他のタイプは割高になります。フルHDより横のドット数が大きいディスプレイは、接続ケーブルがDual Link DVIかDisplay Portに限定されてしまいます。
応答速度 ある程度は数字が小さいほうが残像に有利ですが、ホールド型の場合、応答速度がいくら速くても残像はなくなりません。一部のゲーム愛好家が重視する項目です。
コントラスト 多くの機種では1000:1です。一部のVAパネル機では3000:1といった高い数値の製品があります。コントラストは高いほうが高性能ということに一応なりますが、例えばプリントの仕上がりを推し量るといった用途では高コントラストは不要です。ダイナミック・コントラストの数値は、参考になりません。
輝度 よほど明るい環境に設置する場合を除き、下げて使うことが望ましいので、輝度の数値は選び方のポイントとならないでしょう。
ドットピッチ 同じインチ数でも解像度が大きければ文字は細かく表示されます。「ドットが細かければ小さい文字も読める」かどうかは店頭で確認してみるとよいでしょう。
LEDバックライト 多くは白色LEDを使用していて、これは省電力で薄型・軽量といった特徴があります。フリッカー(ちらつき)による悪影響があるかもしれないという問題が指摘されており、その対策をした製品(フリッカーフリー)があります。対策の内容によっては、輝度が十分に下げられないとか、輝度を下げると、色調が大きく変化するなどの副作用が生じているモニタもあります。
3D対応 立体映像(3D映像)に対応しているディスプレイです。
フリッカーフリー 眼精疲労の原因となりやすいと言われている画面のちらつきを抑えたモデルです。長時間使用しても眼が疲れにくいのが特徴です。

パネル種類

液晶モニタには、液晶の駆動方法によって「IPS」「VA」「TN」の3種類のパネルがあります。

パネル 特徴
IPSパネル TNパネルと比べると高価でしたが、最近では価格差があまりなくなってきたため、主流になってきています。視野角(モニタ正面からどれくらい離れた角度でも見えるかを表したもの)が広く、色が安定しやすいので目にも優しいといわれています。一般的に応答速度は遅めといわれますが、画質の高さが特徴で、シビアな色表現を求められる場面で好まれます。
VAパネル IPSパネルとTNパネルの中間的な性能です。高コントラストの製品があります。
TNパネル もっとも一般的なパネルでしたが、最近はIPSパネルの低価格化によって採用製品が減ってきています。視野角が狭く、特に上下の角度は、少し視点が上から見下ろす角度になったり、下から見上げる角度になったりすると、かなり色調が変化して見えます。応答速度の速さが特徴です。TNパネル採用製品は、応答速度の速さを追求するようなゲーム愛好家や、画質についてこだわりがあまりない価格重視の人の検討候補にとなります。それ以外の人は、TNパネル採用製品を避けるほうがよいでしょう。

その他機能

機能 特徴
スピーカー搭載 スピーカーケーブルや電源コードなどが必要なくなるので、パソコン周りがスッキリしますが、音質はあまりよくありません。音質を重視する人は、別途、PCスピーカーの購入も検討してみましょう。
リモコン付属 モニタ電源のオン・オフだけでなく、スイーベルやチルトなどの機能もリモコン操作できるものがあります。
Posted in sony 液晶パネル, 液晶パネル | Tagged , | Leave a comment

携帯電話のバッテリーを復活させる方法

携帯電話の電池は、長期使用で充電される量が少なくなってきます。買った時は1週間位持ったのに今は1日ももたない…そんなあなたに朗報です! バッテリーを復活させる方法があったのです!

執筆者:大串 明弘

携帯電話の電池は、長期にわたって利用すると、充電される電気の量が少なくなってきます。買った時は1週間位持ったのに今は1日ももたないとお嘆きのあなたに朗報です! バッテリーを復活させる方法があったのです!

電池の寿命がケータイの寿命?

携帯電話を1年以上使っていると、バッテリーも相当ヘタってきます。バッテリーがダメになると携帯電話を買い換える、そんな人も多いのではないでしょうか? バッテリーパックだけを購入すると機種によっては結構高くつくので、買い換えたほうが良い場合もあるでしょう。

2年以上使ったらバッテリーがもらえる、というようなサービスを行っている電話会社もありますが、2年というのはちょっと長すぎる感じがします。

バッテリーを長持ちさせるコツ

携帯電話の電池のような充電池の場合、劣化に伴い、充電できる量がどんどん減ってきてしまいます。電池を長持ちさせるコツは、完全放電~完全充電を繰り返すと良いと言われています。電池を使い切ってから充電するのがベストです。しかし、それでは予備のバッテリーを常に持ち運ばなければいけません。筆者は、携帯電話を購入する際はバッテリーを1つ余計に買い、中途充電せず、交互に使うよう心がけていますが、なかなかそうもいかないでしょう。

劣化したバッテリーを復活させる!


電池と本体の端子にごく少量を薄く塗るだけで復活する!?

私の家族が、約1年半、同じ携帯電話(予備バッテリー無し)を使っているのですが、最近バッテリーのもちが悪くなったと言うようになりました。購入した時には1週間位もっていたのが、最近は2~3日しかもたなくなったとのこと。そうこう言っているうちに、朝充電したのに夜までもたない状態になってしまいました。

携帯電話のバッテリーを復活させるモノがあるとの情報を得ていた筆者は、さっそく購入。説明書通り、バッテリーの端子に薄く塗ってみました。

すると、どうでしょう! 夜には無くなるはずの電池がなくならず、なんと約6日間も充電せずにすんだのです! 新品と同じとまではいかないものの、それに近い状態に戻った感じです。

Posted in バッテリー, 携帯電話充電池 | Tagged , , | Leave a comment

電池が早く減るのは劣化が原因!バッテリーが寿命になる前に知っておきたいこと

電池を長く使いたい!
電池を長く使いたい!

スマホを使っていて、「あれ、前よりも電池が早く減るようになっちゃった……」ということを経験したことがある方、電池が早く減るようになる原因は、電池の“劣化”です。

電池にも寿命があるのです。電池の劣化は、寿命を迎える前兆なのです。

では、どのように電池の寿命をチェックすればわかるのか――NTTドコモ広報部からのアドバイスを交えて、その方法を伝授します。

※更新:2013年5月30日に記事を更新しました。

電池の寿命について知っておくべきこと

  • 今使っているスマホの充電方法を確認
  • 電池の状態はショップで見てもらえる
  • 電池が寿命を迎えてしまったら…

あなたの充電方法、本当に大丈夫?

以前の特集記事「充電中にスマホを使うのはなぜNG?“寿命”を縮める使い方から卒業して、スマホの電池をより長く使おう!」でも触れていますが、スマートフォンを初めとするモバイル機器では、継ぎ足し充電に耐性がある「リチウムイオン二次電池」(以下、リチウムイオン電池)が広く使われています。

スマホのリチウムイオン電池
スマホのリチウムイオン電池

その寿命ですが、「新品の時と比較して半分程度の時間しか使えなくなったら、寿命に到達してしまった」、と考えて差し支えありません。こうなると、電池の交換を検討しなければいけない状況となります。

なるべく、“その時”を迎えるのを遅らせるために、充電の際に“落とし穴”になりそうなことを何点か挙げてみました。

1.充電回数が多くありませんか?

使い方にもよりますが、リチウムイオン電池の寿命は300サイクルでおおむね70~80%、500サイクルでおおむね50~70%になっています。

フィーチャーフォンの場合、夜寝ている間は充電台に載せ、昼間は使用というケースだと、1年間で300回程度充電していることになるでしょう(リチウムイオンバッテリーの開発・製造・販売を扱う「ベイサン」のHPより一部引用)。

フィーチャーフォンより電力消費量が多いスマートフォンの場合、1日1回充電すると、1年5ヶ月弱でバッテリーが満充電でも半分しか溜まっていない可能性があります。

継ぎ足し充電に耐性があるとは言え、継ぎ足し過ぎは却って良くない結果をもたらしてしまうのです。

まめに充電をしていると、その分寿命が短くなってしまいます。なるべく使い切ってから充電しましょう。

2.暑い場所で充電していませんか?

リチウムイオン電池は熱が苦手です。日当たりがとても良い窓際にスマートフォンを置いて充電していると、それだけで電池の劣化を速めてしまいかねません。

電池を充電する時は、なるべく涼しい場所で充電することを心がけたいです。

3.「満充電」をずっと続けてませんか?

「電池ゲージはずっと満タンが良い!」と言ってなるべく満充電の状態を保っている、という方もいると思います。実は、これも電池を劣化させる原因となります。

リチウムイオン電池は、充電と放電を適度に行うことも寿命を延ばす上では重要です。満タンを常にキープしている方は、その習慣を見直すだけで電池の持ちが良くなります。

NTTドコモよりご回答
Q.スマートフォンのバッテリーに寿命はあるのでしょうか?

A.何を「寿命」とするかによりますが、お買い上げ時よりも使用時間が極端に短くなることを「寿命」とするのであれば、寿命はあると言えます。

Q.寿命は、どれくらいまでもつのでしょうか?

A.ご利用状況や環境によっても異なりますが、一般的には1年~2年くらいになるかと思います。1回の充電で使える時間がご購入時の半分程度になったら、お早めにお取り替えをご検討いただくようご案内しております。

Q.劣化しやすい充電方法はあるのでしょうか?

A.電池は、以下の状況では、ダメージが大きくなる傾向があります。

  • 高温環境で充電する
  • 満充電付近(約90%以上)で、充電を繰り返す

携帯電話を使用しながら充電すると、上記のような状況になる可能性がありますので、避けていただくのが望ましいです。また、満充電にした電池を高温になりやすい場所に保管することは避けてください。

 

Posted in デジタルカメラ電池, バッテリー, 携帯電話充電池 | Tagged , , , , | Leave a comment

PowerBook G4:バッテリーの取り外しおよび取り付け方法

PowerBook G4 (12-inch)PowerBook G4、PowerBook G4 (Gigabit Ethernet)、PowerBook G4 (DVI)、PowerBook G4 (1 GHz/867 MHz)バッテリーの取り外しおよび取り付け方法を説明します。

 

Posted in apple バッテリー, apple 電池 | Tagged , | Leave a comment